塀内夏子オフィシャルWebsite
サイトID
週刊なつこの部屋 最近のなつこ
スペース スペース スペース
スペース 最近のなつこ
なつこの本
なつこのぷれみあ本
ギャラー



ギャラー
EVIL 3
Amazon


ギャラー
なつこの百名山
Amazon


ギャラー
EVIL II
Amazon


ギャラー
Amazon
スペース
スペース
スペース

『Amazon』のページが開きます

<Renta!>
9月1日先行配信済み

<kindle>
(*配信開始と同時に
Kindle Unlimitedへエントリー予定)

<DMM>
<楽天kobo>
<コミックシーモア>
<紀伊国屋書店>
<BOOK☆WALKER>
 

EVIL II『Amazon』のページが開きます
 

EVIL 3『Amazon』のページが開きます
======= EVIL3 =======
<Renta!>
2022年8月1日先行配信済み


<kindle>
(*配信開始と同時に
Kindle Unlimitedへエントリー予定)

<DMM>
<楽天kobo>
<紀伊国屋書店>
<BOOK☆WALKER>
<honto>


2022年9月29日

「マックが150円って…」

 食糧やら燃料やら、さまざまなものがやたら値上がりしているそうで。
円安とかウクライナの影響とか言われているけど、でも20年(!)くらい前、円高だ円高だ!って騒いでいたのに。
その時は車や電気製品?日本の主力の輸出産業が大変だ大変だ、って大騒ぎしてたじゃんよ。アイコン
でも同時に「原油やら輸入する系とか海外旅行にはとても好都合だから悪いコトばかりじゃない」なんてニュースはすみっこの方に追いやられていたような記憶。
それなら円安ならトヨタやソニーは好景気なんじゃないのか?って単純に思っていますが。

 でも正直為替とか景気とかってよくわからないの。アイコン
かつてのバブル景気もほとんど影響を感じなかったし。
(いや、諸々の恩恵は受けた、被害はなかった、と)
興味もない?とにかく忙しかったからなあ、漫画が。

 で、相次ぐ値上げでマックのハンバーガーが150円になる、ってニュース聞いた時、
「値上げして150円?安いじゃん!」って思っちゃったよ。
だって70年代、私が高校生くらいの時はマックのハンバーガーは150円だったから。
一番安い、ただのハンバーガーが150円。アイコン
ロッテリアもドムドムも、だいたい150円。
ちなみに私の近所での第一号店は「ロッテリア」。
エビハンバーガーは美味しかった…
その後マックへ行って「エビハンバーガー下さい」って言ったら店員さんに「フィレオフィッシュですね?」って訂正された。
エビと魚フライでは違うけど、どっちもとても美味しかった…
でも確か280円くらいだったし高カロリーだったから1年に一度くらいしか食べられなかったかな。
ましてドリンクなんか付けたら…。
マックシェイクもまたびっくりするくらい美味しかったけど量がね、多すぎて全部飲みきれなかったなあ。
でもどれも美味しかった…アイコン
私はマックの少し炭酸の抜けたコーラが好きだった。笑

 まあ、飲み物やポテト付けたら500円超えちゃうのですごく贅沢な存在だったよ、マックは。
もちろんしょっちゅう行けるわけもなく。
とてもとても敷居が高かったっけな…。
20歳くらい、漫画家になる前のバイト時代はマックの「エッグマフィン」が好きで吉祥寺からバイト先の新宿に行く途中によく寄って食べたっけ。
飲み物つけて480円くらいだったか…
当時の時給が550円くらい、
お金ろくにないのにね。
懐かしい…。

 高校生はいつも腹ペコで。
授業が終わって、部活とかあって、夕飯までとてももたないからそういう時はせいぜいパン屋さんで焼きそばパンとか買って立ち食いするのがせいぜいで。
もちろん飲み物なんか添えられるわけない。
飲み物買う余裕があったらパンもう一個買えるし…苦笑。
でもできれば少ないお小遣いは漫画とかにまわしたかったな、食べ物なんかで貴重な現金が消えちゃうのは避けたい…
家に着けばなにかしら食べるものがある、買い食いなんかするのはもったいないー−!
袋ラーメンとかおにぎり(自分で作るのよ)の方が満足感あるし美味しいし。
私は日清のやきそばが好きだったな。
袋タイプの、ソースでなくて粉末のソース。
(カップやきそばは好きじゃなかった)
今でもよく食べる。アイコン
もちろんキャベツや豚肉を入れて。
あの味…
最後の晩餐でもいい…笑。

 しかしマックのバーガー150円、ってそんなに高いんですかね?
「コンビニのおかずパンより安いですよ〜」とはアシさん。
え、コンビニのコロッケパンとかより安いの?
そこそこのこじゃれたベーカリーの、いわゆるトレイにトングでとって買うパンはもっと高くて、チーズやソーセージが乗っかっているのは、トレイに2個のっけてお会計したらあら800円くらい?さすがにこないだまではそこまでしなかったなあ、と値上げを実感。
それでも行列ができて、にぎわっている…。

 マックのバーガー、もう久しく食べてないけどそれなりに美味しかった記憶。
(でも私はモス派。モス野菜バーガー♪)
あれが150円なら充分安いと思うけどね…。
いったいどんな肉使ってるんだ?笑。
昔は猫の肉使ってる…なんてうわさあったっけ。
都市伝説、ってやつ?
「隣のクラスの○○さんのお兄さんが裏口からそっと猫の死体運んでたのを見た…」とか妙にリアルな噂話をおもしろがって聞いたり。
でも猫はとっつかまえるの大変だよね。笑。

 

夏子

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
2022年9月22日

 久しぶりに映画を観に行って来た。アイコン
ブラピの「ブレット・トレイン」
いつもの川崎のシネコンへ。
もうすっかりシネコンにも慣れた。
ゆったり座れていいんだけどこうもガラガラじゃね…。
まるで試写会みたいでイマイチ気分が上がらない…
10代の頃は映画館行って映画みるだけでもテンションがあがってドキドキワクワクしたものだ…
満場の劇場内、同じところで笑い、興奮し、ラストの大団円で拍手喝采があがろうものなら本当に心から感動したものだ…。
もうあんな純粋な映画愛は取り戻せないだろう…
寂しいけど仕方ないね。苦笑。

 映画は楽しめましたが。
真田広之も出ていたし。アイコン
(昔から好きなの、真田広之)
しかも重要な役で、ラストのアクションは見せ場たっぷり。
やっぱり日本刀持たせたら天下一品ね。
それにハリウッド側も、彼に日本刀持たせたいんだろうなあ。
立ち回りはもちろん、斬った後さやに収める動き…
その流れの美しさにはため息が。アイコン
これはアメリカ人にはできないね、多分。
もし満員の観客だったら拍手が出たものを…
ガラガラなのが惜しい!

 新幹線が舞台なのは楽しめたけど、ラストの脱線はいかがなものか…
新幹線になんてコトさせるんだい!
いろいろ突っ込みどころは満載でしたが。
あのアクションを消化する前にとっくに京都着いてるよ!ってネットでいじられたけどね。
ラストの富士山?も。
え、京都だよ??なんて。
そんなとこも楽しみましたが。
東京なのに絶対東京じゃない…
みょうに不思議なロケーションでした。笑。
でもハリウッド映画であんなに日本語(変な日本語も多数。笑)や日本人が出てきたのはうれしかった。
たとえ微妙な渋谷でも。笑。

 ブラピはよかったでした。アイコン
ふた昔前などは、「オレはハンサムなだけの俳優じゃない!!」とばかり3枚目役も好んで演じてましたが、今回も2枚目半…
いや、ビジュアル的な見せ場はほとんどなかったかな。
ひたすら少しマヌケな殺し屋になりきって。
ブラピは「チンピラ役」をやると天下一品ね。
思うに、世界一Gパンが似合う男だと思うのよ。
いい男はランニングシャツやTシャツ、Gパンでも充分カッコいいのだ…
何も着てなかったらもっとかっこいいけど。笑。

 キムタクもこういうトコ見習ってほしいなあ。
きっと「チンピラ役」やったらすごくハマると思うんだけど。
いつもいつも「かっこいい役」ばかりじゃね…。
ピアニストとか、刑事とか検事とか…
そういう初めからカッコよく登場するよりさえないキャラで、でもいつのまにか「かっこいい」と感情移入していく方がよりかっこいいのではなかろうか…?
だから深みがないのよね…
なんてほとんど観てなかったでした。笑。
ぜひ、おばかさんなチンピラ役を演じてほしいものです。
ほら、芦田愛菜ちゃんとのCMのキムタク、あれいいなと思うのよね。
だって芦田愛菜ちゃんの方が数倍頭よさそうなんだもん。
ぜひあの二人のコンビで世界征服とかを企んでほしいものです。アイコン
いつまでも若作りにこだわらないでさ。苦笑。

 

夏子

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
2022年9月15日

 久しぶりに等々力スタジアムにサッカーを観に行った。アイコン
もちろんJリーグ、川崎フロンターレ対サンフレッチェ広島の対戦。
ありゃ、考えてみたら今シーズン初めてだったかも。
(一度機会があったんだけれど都合が合わず…)
誘ってくれた友人は地元でガチで熱血サポーター、ファンクラブ(?)に入っているのでチケットを購入してくれる…
昔と違っていつでも手に入るものではないらしい。
もうすっかり「強豪」の仲間入りをしたフロンターレ、昔はいくら点をとっても、そこしか評価してもらえなかったような記憶。
だって3点取って4点取られるチームだったからね。苦笑。

 今はすっかりメディアの扱いが違うもんね。アイコン
「堂々たる試合運び」とか「別格」「王者の風格」とか、見出しの単語が違うし。
コメンテーターも「やはり川崎が出てきたね」とか何となく敬意を感じるわ。
こんな日がくるなんて…
率直にうれしい。

 今年はニュースやネットでちらちらチェックするくらいで、気が付いたら終盤になってきてたわ。
サッカー中継はほとんど「DAZN」になっちゃったからたまのNHK中継くらいしか見られない…
「DAZN」に入りゃいいんだけど入り方がわからなくて。苦笑。
ログインが苦手でね…。
たいてい「パスワード」が違うとか「英数角がどうの」とかでエラーが出てあきらめる…アイコン
情けない。
どうも、過去に何度か入ろうとしてたりして、でその時のパスワードを忘れちゃったりしているみたいでさ。
新しくパスワードを…
で手続きすりゃいいんだけど面倒くさくなって…苦笑。
スマホのQRコードも苦手。

 ネット音痴なのかな。
先日もたまたま無料で読める漫画をたまたま読んでたら結構おもしろくて、続きを読みたくなって。
で、ここからは有料です、っていうのでクリックしちゃったのよ。
最初1000円コースみたいなので適当にクリックして読んでたら、さらに続きを読みたくなり…
とまたクリック。アイコン
で、てっきり「デポジット」的な料金設定かと思って一番上のコースの2万円、をクリックしたのよ。
それでとりあえず適当なとこまで読み終わったの。
それで忘れていたんだけど、あとでクレジットカードの明細見たら、デポジット2万円ではなく、月2万円読み放題コースだったのよ。アイコン
よく考えたら普段でも漫画を月2万も買わないでしょ!
このままほっておいたら毎月2万円、読みもしないのに引き落とされるわけさ。
普通の本だって年に2,3冊くらいしか買わないのに電子書籍で漫画を2万円!
すぐにキャンセルしなきゃ!ってあわてて履歴を開いて、何とか取り消しができたのよ…
よかったよかった。
無事済んだ時は心からホッとしたわ…
やっぱり月2万円、年間なら24万になっちゃうじゃないの、
いくら何でもねえ。
それも電子書籍の漫画を…
紙の漫画だってろくに読まないのに…
でもまあ、おもしろかったんだわ、その漫画。
もうタイトルも忘れちゃったんだけどね。
ホラー漫画だったかな…。

 あ、サッカーはおもしろかったでした。アイコン
4−0で勝ったし。
やっぱり点が入った方がおもしろいね。
36歳の家永ががんばっているのもうれしかったし。
(本田圭佑と同い年なのよね…西の天才二人、って言われてた記憶)
どの点も、組み立てた、いわゆる「流れの中からのゴール」ってやつで。
(PK含む)
いつのまにフロンターレはこんなに強くなってたんだ…
どの選手も足さばきがきれいだし、パスはよくつながるし。
あんまりよくつながるからちょっと「ハンドボール」みたいだ、って思っちゃったよ。
(もちろんいい意味でだよ!)
ただサイドサイドに回すだけじゃなくて、ここぞという時に真ん中にシャープに通すし。
それが決まったりするし。アイコン
昔はこういうのあまり見られなかったなあ…
強くなったんだなあ、フロンターレ、日本サッカー。
変なファウルもあまりなかったし。
見てて全然イライラしなかった。

 サポも、まだ「声なしの応援」だけど、工夫して一生懸命盛り上げてたし。
羽目をはずすヤカラもほとんどいなかったのような。
試合を、Jリーグを守りたい!っていうのが充分伝わってきたよ。
クラスターを出してたまるか!って。
そしてアウェイでも来てくれた広島のサポに拍手、のエール。
昔何度か観に行ったイタリアとかイングランドのサッカーのお行儀の悪さを思い出して苦笑い。
隣の友人に、
「イタリアのトリノで観た時、サポ同志罵声合戦しててね。
 一緒に行った通訳のお姉さんに何て言ってるの?って聞いたら
 おおむね「ばか」「ちんこ」「おかま!」とかの繰り返し。
 でも悪口なのに韻を踏んでいたのが可笑しかった。」って教えたら大笑い。
悪口はおいといて、早く大声で応援できる日が戻るといいなあ。
でも少々のヤジとかないとやっぱりスポーツは物足りない…か?笑。

 この日はタイのチャナ選手を盛り上げるために「抱きしめタイ!」って銘打ったイベント有り。
(少々おとなしめというか…ちょいダサというか)
もしかして、名物広報のアマノ君か?とメールしてみたら果たして、「…ワタクシメの企画です」と。
アマノ君は変わらず!
よかったよかった。アイコン
アマノ君がお偉いさんになっちゃったらやだよ!
ダサくてホッとした!
なんちゃって。笑。

 

夏子

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
2022年9月8日

 カタールW杯も近い、ということで久しぶりに雑誌の仕事(イラスト&エッセイ)を頼まれたのよ。アイコン
男性向けファッション雑誌、サッカー特集をするので「ドーハ」のくくりで私に何か、と。「ドーハの悲劇」の目撃者ですんでね、私。笑。
その編集さんは私の漫画(Jドリームとか)をよく読んでくださったそうで、熱いメールをくださった。
思い出してくれてありがとう。
んで、「エッセイで僕を泣かせてください!」とな。
昔も時々こういうふうに言われたなあ。
「泣かせる作品をお願いします!」とか
「5ページに1回泣かせるように」とか。
「ぼく泣きたいんです!!!」苦笑。
そんなに泣きたいのかな!?
若い男性が。アイコン
子供の頃は私も泣ける作品、映画とか好きだったし今でも自分でも自分の作品読んで「うう、泣けるな…」ってトキはあるけんど。笑。
テレビのバラエティ(アメトークみたいな。笑)とかで「オレの泣ける本特集」みたいなのあって。
その本(漫画とか)とティッシュかハンカチ用意して、正座し、「さあ泣くぞ!」って読むらしい…
ここ!
ここで泣くんですよ!とうれしそうに説明…笑。
「俺はこの漫画なら5秒で泣ける」etc.…
女子じゃないのよ、男子なのよ。
オトコが泣くのかー!
(今時は性差別かな。苦笑)
泣くらしいんです。
私なんか最近は笑いたいけどね。

 でも私の本棚(漫画)は暗い漫画ばっかりでさ…苦笑。
やんなっちゃう。
「あしたのジョー」や「愛と誠」(古い、古すぎる!?)はいい作品なんだけどラストが悲しいのわかっているからなあ。
大好きな山岸凉子セレクションも、おもしろいんだけど暗い…
とにかく暗い…
救いようのない暗さ…
怖いのもある…
とてつもなく怖い時も…苦笑。
「漂流教室」なんかは怖くて夜は読めないー!
大好きなのに…。アイコン
特に最終巻の巻末読み切りの「ねがい」なんて怖いわ泣けるわ…苦笑。
子供の頃はドキドキして感動したもんだ…。

 ですんで最近はもっぱら「お笑い」ばっかり。アイコン
2,3年前までほとんどお笑いやバラエティ見てなかったから今活躍してる芸人さんの若い頃を知らなくて。
サンドイッチマンとかバナナマン、とか?
DVD出てるから今さらながらツタヤ行って1本110円のバーゲン価格で借りて観てるよ。
Huluとか?の配信も時々観てるけど。
いやあー、お笑いおもしろいね!
何を今頃…苦笑。
関西の人が納豆嫌いで納豆食べた事なくて年取ってから初めて納豆食べてその美味しさに感動して「なぜ今までこんなに美味しいもの食べなかったんだ!!」って悔しがるネタが「美味しんぼ」であったけど、まさにそんな気分ね。

 好きなのはバナナマンとか東京03、最近ハマっているのがCOWCOW。
ライブを中心に、もしくは定期的にやってるコント系かな。アイコン
ちなみに漫才とコントの区別もこないだまでよくわかっていませんでした。笑。

 もちろん漫才も好き。
ミルクボーイが好きっていったらありきたりかしらね。
中川家は唯一、前から知ってたし好きだった。
今でも。
大木ひびき、こだまもお気に入り。
いつだかたまたま目にしてハマった。
「〜〜膝は笑わんやろ〜〜〜」あの声がたまらん…笑。

 きちんとパターンを持っている実力派タイプが安心して楽しめるかな。笑。
それに比べて、昨年から見ない日はないくらいの売れっ子の筆頭、かまいたちと千鳥、ね。
あれはおもしろいかな…。
飽きちゃった、っていうか。
MCばかり目立つから今さらネタやっても…
というかネタ見る機会がないから。
劇場はやってるのかな…。
機会あれば観てみたいけど。
ルミネ吉本とか?。
周りに誰もお笑い好きな友人がいないから誘えないし、かといって一人でお笑い観に行くのも…ねえ。

 若手で今一番好きなのは「男性ブランコ」。
コントなんだけど。
(今ブレイク中のランジャタイや真空ジェシカよりだんぜんおもしろいのに…。)
平井さんの顔見てるだけでも笑っちゃって…
変な顔なんだけどだんだんチャーミングに見えてきて、ハマるともう愛しくてたまらない。
特に「親子丼セット」は最高!いいなあ、あの平井さんの顔!
たたずまい!
手のひらの表情!!
もちろん相方の浦井さんもいい味だしてる〜♪
整った普通に善人顔なんだけど、だんだん妙になってくる。
そしてハマる…笑。
とにかく二人のさりげなく繰り出すワードセンスがイカシテル!
多分今年のキングオブコントにも出てくると思うので楽しみ♪
あれ、誰もついてきてくれませんの?笑。
ライブとか行きたいんだけどねー…。
誰か一緒に行ってくれませんか?笑。

 暗いニュースや昔の戦争特番も見たくないし難病もののドラマもいやだ。
ヤングマガジンとかのエログロ漫画もいやだし暴力ものもごめんだ。
泣くより笑いたいなあ!アイコン
がははははは!!って!
尿失禁するくらいに。笑。

 

夏子

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
2022年9月1日

塀内なつこ なつこの部屋 最近のなつこ 日々是雲古 その39

塀内なつこ なつこの部屋 最近のなつこ 日々是雲古 その39

 

夏子

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
Back No 2024
 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2023
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2022
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2021
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2020
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2019
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2018
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2017
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2016
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2015
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2014
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2013
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2012
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2011
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2010
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2009
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2008
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2007
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2006
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2005
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2004
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2003
  12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2002
  12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2001
 12月 / 11月
スペース
スペース
(C)ポニーテール企画