塀内夏子オフィシャルWebsite
サイトID
週刊なつこの部屋 最近のなつこ
スペース スペース スペース
スペース 最近のなつこ
なつこの本
なつこのぷれみあ本
ギャラー



ギャラー
なつこの百名山
Amazon


ギャラー
EVIL II
Amazon


ギャラー
Amazon
スペース
スペース
スペース

『Amazon』のページが開きます

<Renta!>
9月1日先行配信済み

<kindle>
(*配信開始と同時に
Kindle Unlimitedへエントリー予定)

<DMM>
<楽天kobo>
<コミックシーモア>
<紀伊国屋書店>
<BOOK☆WALKER>
 

EVIL II『Amazon』のページが開きます


2021年10月21日

「海外ドラマ事情」

 前ほどではないけどアメリカのテレビドラマが好きでよく見てる。アイコン
古くは「ER」とか「LAW&ORDER」とか。
さすがにシーズンを重ねると少々マンネリにもなって、もういいかなって感じになるけどね。
エピソードもお決まりのコースがあって。
「出会い」「結婚・出産」「子育て」「破局・死別」「臨死体験〜薬物中毒」「親との確執・トラウマ」などなど。
定番、というか。
「太陽にほえろ」の殉職エピみたいな。笑。

 あまたあるお気に入りの中でも「L&O性犯罪特捜班」と割と新しい「9-1-1LA救命最前線」は好きで毎回楽しみにしてるの。
今年も新シーズンを見ることができたんだけど…。

 昨年の製作だから、アタリマエだけどパンデミック前提の設定になってるんだよね。
だからドラマ内で、主要キャストもわき役も、群衆もみんなマスクしてる。
いちいち手指消毒してるし。
ちょこっとしたセリフの中にも…。
あれー、オリビアがマスクしてるー、子供はリモート授業してるし、こわもての古参キャストのフィン刑事までマスクしてるなんて、可笑しいようなせつないような。アイコン
お馴染みの俳優さんが全然見慣れないマスクして、でもドラマの中で出勤する時はみんなマスクして登場するのにバストアップの会話の時はマスクはずすのよ。
そこ違うでしょ!って突っ込みたくなったワ。笑。
容疑者追い詰めてドアキックして、マスクして「警察だ!」じゃなんかしまらない…。
でもたいてい見せ場ではささっとマスクはずしちゃう。笑。
ま、ドラマだから…。

 当然といえば当然なんだけど…
なんかすごく複雑な気持ちになっちゃった。アイコン
そうか、やっぱりそうなんだ…
特にニューヨークは一時期深刻な状況に陥ってたし。
もともと事件ものだから暗い内容だし世相を反映するのは当たり前なんだけど。

 それはドラマの物語の中にも反映されていて…。
当然のように医療のひっ迫やコロナ禍の貧困、女性の孤独や子供たちの教育問題とか扱ってたりするのよ。
でも、正直あまり出来はよくなかったような気がする。
意外性というものがなくて。
だってまだ収束してないし。
海外よりはましな日本でも、連日テレビのニュースで目にしたコトだし。
実際はもっとすさまじかったかもしれないし、でもそれをそのまま描いても芸がないしかと言って誇張されてもシラケる…。
全然楽しめないというか、ドラマに入り込めないんだよね。
じゃ、過去のドラマ見ても、なんか遠いというか。
いっそう「コロナ前、コロナ後」を実感してしまう。
AC、BC…
アフターキリスト・ビフォーキリスト、ではなくコロナのビフォーアフター…
ヤダ!

 実際、撮影にも支障をきたして予定通りには進行できなかったらしいです。
中断や中止、打ち切りなど…。
なんか、ドラマの中にまでコロナ入り込んでほしくなかったなー。苦笑。
非日常のはずのテレビドラマなのに。
マスクして手洗って…
普通の日常じゃん!アイコン
ヤダヤダ。苦笑。

 そういえば日本のドラマはあまりマスクしてないね。
例外は「孤独のグルメ」、新作はみんなマスクしていて、でもさほど違和感を感じなかったのはもともと日常的な内容だからかな。アイコン
過去の番組とか見て、マスクしてなくてひな壇がにぎやかだと「あ、前のね」とホッとしたり、密集してると「密!密!」って気になってしまう。苦笑。

 漫画ではほとんどマスクは描かれていないようですね。
(もっともあまり読んでないけど)
大好きな「ザ・ファブル」の新シーズンではコロナ禍が反映されてたけどさほど違和感を感じなかったのは作風かな…。

 何より自分でも「コロナ前」と「コロナ後」、くっきりはっきり意識が変わってしまった。
緊急事態宣言が解除されて、だいぶ飲食店の制限も緩み、少しづつ日常がもどってくるはずなんだけど…。
ワクチン接種してもマスクなしでは出歩かないし。
町中で若い人の大声とか笑い声とかにもイラっとしたりして。
ああ、ヤダヤダ。

 もう前のようには戻れないのかなあ。アイコン
戻りたいなあ…
でもねえ…
心のどこかが凍り付いたように萎縮したままです。
一部は多分もう戻らない…
それはすごく悲しい。
「なにか」が、すごく遠い…。

 せめてドラマくらいは楽しい、ワクワク、を期待したいんであります。アイコン
「パンデミック」のドラマなんか観たくない!!
せめてドラマの中くらいマスク見たくないなー!
あ、一つだけいいコトも。
手をきちんと洗うと風邪ひかないみたいだ。
それだけはよかった♪ アイコン

 

PS.
 ちなみに、自分の漫画の中では絶対マスク描かないつもり。
 コロナはなかったことにしたい、せめて自分の絵の中では。

 

夏子

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
2021年10月14日

「初めての経験」

 少し前のコト。
119番して消防車呼んじゃったのよ!アイコン
(はしゃぐことではない…)
それはまだ暑い日だったか…
この夏は珍しく夜サッシ窓を閉める時小さいゴキブリを見かけるコトが多かった。
マンションではめったにゴキブリ出ないんだけど…。
小さい奴だったがスプレーとかで、できるだけ駆除した。
もちろんゴキブリは大嫌いだ。
猫のアビが見つけたらなぶり殺しにしてくれるんだけど。笑。
めずらしく今年の夏はゴキブリに遭遇する事が少し多かった。
いやだなあ…。
あ、別にゴキブリが出たので消防車呼んだわけじゃないです。笑。

 で、ある夜。
10時くらいか。
建物の非常ベルが鳴った。アイコン
とりあえず部屋から飛び出てどこのフロアに異常があるか調べると、1階の飲食店だった。
でも店はすでに閉まってまっ暗だ。
火の気があったら大変だから、合いかぎで一階の店に入る…。
怖いので地下一階のバーの店長さんも一緒に入ってもらう。
すると。
店内、真っ暗だけどなんとなくボヤーっと煙のようなものが漂っている…。
キッチンの方を見ようと、明かりを付けようとすると、なんか咳が出てきた。
ゴホ、ゴホッ、ありゃ?
なんか変?
咳がとまらない…アイコン
これはあきらかに異常だ!
「ちょっと、危険だね」
「すぐ出た方がいいですねっ」と地下の店の店長さんとあわてて外へ出るが。
私の咳は止まらない。
店長さんは「のどが痛い」と。
ええっ!?!?
ヤダ、何コレ!?!?

 咳がとまらない。
外へ出る。
煙っぽいならまず消防署に連絡だ。
スマホを取り出して119番をダイヤル…
「もしもし?あの、煙が…」咳き込んでうまくしゃべれないので地下の店の店長さんに代わりに話してもらう。
私の咳は止まらない(呼吸ができないほどではないけど)…
ああ、事件か事故に巻き込まれた?
ちょっと頭に浮かんだのは「地下鉄サリン事件」!
まさかテロ!?
おいおい!
ヤダー!

 私は立っていられず、歩道に座り込む…。
傍から見たら少し異常な光景だったか。
5分ほどでけたたましくサイレンを鳴らして消防車が到着!
生まれて初めて消防車を呼んじゃったよー!アイコン
商店街に数台の消防車と、フル装備の消防員が目の前に。
わ、ドラマみたいだ!
なんとなくテンションが上がってしまう。
ちょっと興奮してきた…
ドラマなら私はこの状況では主役だ。(おい!)
おびただしい消防車とものものしい消防署員…
緊急事態宣言下だったけどそれでも野次馬がぞろぞろと。
うふふ、主役は私(なんて言ってる場合か!)。

 仕方ないとはいえ大騒動になってしまって恐縮だけど一応、状況の説明をしなければ…
少し咳が治まってきた…。
「非常ベルが鳴ったので確認に降りると、1階の店舗から。
 閉店してるので合いかぎで
 中を確認すると煙のようなモヤが…」
消防署員と、アルソックの人も到着してくる…
私は同じコト(名前とか年齢とか)を何度も聞かれるので少しイラ立ち、
「それはさっき言いましたよ!」と声を荒げてしまった
…すみませんね。

 そのうち、ぼちぼち状況がわかってきた。アイコン
フル装備で店内に入った消防署員の人が持ってきたのは…
バルサンでした!
どうやらゴキブリ退治用のそれの煙幕に非常ベルが反応してしまったようだ。
(後でお店の人に確認したら、何度かバルサン使用してて、特に非常ベルは鳴らなかったので恒常的に使用してた、との事。通りで今年はソレが多かったわけか…バルサン、って結局ゴキブリがよそへ行くだけなのよね…)
たまたまこの日は非常ベルが鳴ってしまった、と。
おいおい…。アイコン
バルサンたく時はドアに「バルサン使用中」って張り紙しておかなきゃ…。

 咳はすでに治まったが、念のため病院行きますか?と尋ねられる。
折しもコロナ禍、感染者増加で医療ひっ迫が叫ばれている中、この程度で世話かけるのは申し訳ない…
実際大したことなかったし。
多分それには及びません、と答えるもマニュアルに沿って体温とパルスオキシメーターで酸素飽和度を測られた。
(これも生まれて初めて!数値は98、で問題なし)
状況が落ち着いた数分後くらいに、当の飲食店の人(バルサンたいた本人)が戻ってきた。
ものものしい光景に「え?…」とぽかんとしてたっけな。
私は部屋にもどり、咳はすっかり止まっていたけど
(バルサンを吸って)危険はないのか?が少し気になったのでネットで調べるもよくわからず。
有名な製薬業者の製品だからネットに出ていた番号に電話してみるも、
「すでに外注の製品なので何もわかりません」と身も蓋もない答え。
あらら。
ま、多分何ともないでしょう。
(もちろん何ともなかった)

 初めて消防車を呼んでしまった。
5分もかからずにすぐに来てくれた。
サイレンと赤い車体、防護服を見た時は心からホッとした。アイコン
結局バルサンで少々恐縮で拍子抜けだけど生命にかかわることでなかったのでよかった。
呼ぶしかなかったので悪しからず…。

 

PS.
 ちょっと興奮した…
 おい!

 

夏子

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
2021年10月7日

塀内なつこ なつこの部屋 最近のなつこ 日々是雲古 その25

塀内なつこ なつこの部屋 最近のなつこ 日々是雲古 その25

 

夏子

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
Back No 2021
 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2020
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2019
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2018
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2017
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2016
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2015
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2014
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2013
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2012
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2011
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2010
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2009
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2008
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2007
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2006
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2005
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2004
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2003
  12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2002
  12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2001
 12月 / 11月
スペース
スペース
(C)ポニーテール企画