塀内夏子オフィシャルWebsite
サイトID
週刊なつこの部屋 最近のなつこ
スペース スペース スペース
スペース 最近のなつこ
なつこの本
なつこのぷれみあ本
ギャラー



ギャラー
EVIL II
キャンペーン


ギャラー
EVIL II
Amazon


ギャラー
Amazon
スペース
スペース
スペース

『Amazon』のページが開きます

EVIL II『Amazon』のページが開きます


「EVIL2〜メビウスの扉〜」電子書籍発売記念キャンペーン


2013年1月31日
「あづちよもやま・・・」
 例のヤンマガの手ブラのグラビアの、なにやら回収騒ぎね。アイコン(古い?)
私の家にはその号がすでに届いていたので(廃棄するように出版社から通達有った)見てみました。
へえ、これがソノ、「児童ポルノ」に引っかかるという一品ですね。
すでにネットでもアップされちゃっているので見た人も多かろう、と。

 最近すっかり米テレビドラマの「LAW&ORDER」にはまっているのでそれを踏まえて(?)検証してみますと。アイコン

 あの白人の少年がタレントのお姉さんの「乳首」(「乳房」ではなく「乳首」ってトコがキモ、らしい・・・
私なんか「乳首」より「乳房」の方がイヤラシイと思うけどね・・・あ、どうでもいいか)に手を触れているのがいけない、そうな。
あの少年に「じゃボク、お姉さんの乳首あたりに両手、のっけて」と言って、そうさせた時点で、少年にそう強要(?)か頼んだ(?不明)行為が「児童ポルノ」という犯罪が成立してしまう・・・。

 だとしたら、「これはまずい」と出版社が回収しようがしまいが、または印刷しようがしまいが関係ないのではないか?
すでに犯罪行為は起きているのではないのか?
「被害者」はあの白人の少年、ならば「容疑者」は誰なのだろうか。アイコン

 指示を出したカメラマン(?)か、発案・企画・実行したプロデューサー(?)か、もしくは編集長か、出版社の社長か・・・その場にいないのに?

「児童ポルノ」が刑法なのか東京都の迷惑防止法に触れるのかわからないし、または訴えなければ公の事件にならない「親告罪」なのかも不明だけど。

 訴える権利があるのはあの少年か、その両親なのか?
それとも「乳首に触らせた」時点で犯罪が成立しているのなら警察(大塚警察?)が起訴できるのか・・・
でも誰を訴えるのか・・・
で、始めにもどる・・・
ありゃ。アイコン

 もっとも、起訴したところであの少年本人が何を証言するだろうか。
「あのお姉さんの乳首に両手をのせて、って××さんが言うからそうした。
 僕は恥ずかしいからしたくなかった」とか?
「お母さんに連れられて、モデルのお仕事で言われた通りにしただけで何も感じなかった。」か?
または
「きれいなお姉さんのおっぱいにさわれてうれしかった」なんて?
どの証言なら「被害者」の証言になるのだろう?
つまり「事件」になるのだろう?

 それとも彼の気持ちに関係なく「乳首に触るよう強要した」時点で「事件」なのか・・・?

 でもいくら「事件」が起きていても、起訴して裁判を維持できなければ結局「犯罪」にならないし、少年や彼の両親が証言をしてサインをしなければ、調書一つ作れず、起訴すらできないだろう。
いったい誰が事件にしたいのか??アイコン
騒いでいるのは誰だ?

 マッコイ検事長、教えて。
ははは、「LAW&ORDER」の見過ぎ。

 私があのグラビア見て思ったのは、
「ひゃっ、(まがりなりにも)アイドルにこんなことさせるんかい?!
 ほとんどハダカじゃんっ」でした。
正直あの少年の気持ちなんて気にもしなかったわ・・・。
エゲツない演出だなぁ、とは思ったけど。

 鈍感ですみません。・・・・アイコン
でも、もっともっともぉおおっと過激でエゲツないグラビアや漫画がいくらでもコンビニの、子供が手に取れる場所に並んでいるじゃんっ!
ネットなんかきっとそれ以上の。見たことないけど。
いまさら児童ポルノ、って言われても・・・・。

P.S
 それより、田原・・・・・とか小林・・・・とかの、
 ジジイやオヤジの、「AKB好き」の方がキモチ悪いわ。 アイコン

夏子

 

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
2013年1月24日
「15の春に」

15k
15k
15k

夏子

 

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
2013年1月17日
「雪雪物語」
 久々に東京(だけじゃないけど)雪降りましたね。アイコン
予報通りだったのでそんなには驚かなかったけど、あの量には・・・。
休日だったし特に外出する用事もなかったので家でまったりと雪を眺めたりパソコンをいじったり・・・。
お向かいのビルの傾斜してる屋根の雪が時々雪崩みたくばさぁーっと落ちるのを待ってたり(おもしろいのよ、あれ)・・・
ははは、ヒマね。アイコン

 ベランダのサッシを少しだけ開けて猫に「ほおら、雪だよ」と見せたり。
猫、ちらちら降る雪に興味津々・・・全員集まってきたりして。
単に外へ出たかっただけかしら?
すごく寒いぞー。

 昔、実家で飼っていた猫を、積もった雪の上に放り投げて雪で溺れるさまをおもしろがったり・・・
ひどい!動物虐待だわ。
白猫があわててもがいて鼻と肉球寒さで真っ赤にして・・・
ひどい!
以下同文。

 子供の頃は関東でも1年に一度くらい雪が5,60センチくらいは積もるほど降ったものだけれどね。
そしたら庭にありったけの雪集めて、1メートルほどの滑り台を作るのさ。アイコン
そしてお尻にビニールの風呂敷をあてて滑り落ちる・・・
結構おもしろかったなぁ。

 中学2年の時だったか、その時も20センチくらい積もって、当時バスケット部で、お昼休みに部員何人かで雪かきしたのさ。
弱いクセに結構気合い入っていてね。
「放課後の練習ができなくなる!がんばろう!」って寒い中やせ我慢して、制服に薄っぺらのレインコートだけで・・・。
でも関東の、みぞれ交じりのべしゃべしゃの雪で、とんぼでかいてもかいてもひたすら水たまりをかいているだけで・・・
ただただ靴を泥だらけにしただけだったなぁ。

 北海道の人とか、雪だと傘かぶらないのよね。
水分の少ないパウダースノーだからぱっぱっ、って手で払えばそれでいいらしい。
だから雪だるまや雪合戦の雪玉は作れないんだって。アイコン
さらさらの雪。
結晶なのでほんとに六角形の「雪印」マークで可愛いんだよね・・・。

 今日はもう晴天で、それでもまだ歩道には雪が結構たくさん残ってる。
商店街のそこここに雪だるまも。
自分ちの前も、「雪かきしなきゃ!」と気合入れてお湯の入ったやかんとスコップの代わりの板きれもって下りていったら、1階のぎょーざ屋の中国人の女の子の従業員がすでにやっていてくれて、きれいになっていた。
あとで手作りのバナナケーキ(絶品よ♪)を持っていってお礼を言ったら「イインデスヨォ」と笑ってくれた。
口に合うといいな。アイコン
美味しいんだけど・・。

 あ、高校サッカーの決勝はさすがに中止(延期?)になったようですね。
プロサッカーではしばしば雪でも決行するし、いにしえのトヨタカップでもポルトガルのFCポルトの「雪のマジェーーールーーー!!!!」もかすかに記憶の片隅に・・・。
(知ってます?)
だから高校サッカーもやると思ってたら交通機関がだめ、との事でした。
悪条件の中では番狂わせも起こるかしら?って少々期待していたんだけど(悪趣味か?)
まあ、せっかくの高校最後の晴れ舞台、よいコンディションの方がやはりよいでしょうね。
寒いと、動いているフィールダーはともかく、GKはつらいそうです。
手袋してるのに。
バスケもそうだったけど寒いと指が、痛いのよね。アイコン

 アシのK子ちゃんの子供(男子、小6)と犬は唄の通り駆け回っていたそうです。
つかの間の、都会の雪。
それなりに妙味。
明日の朝(今朝か)凍結が残るとのこと。
「東京の人は歩き方がなってない!」とは北海道の人の言、でした。
どなたも怪我などなさいませぬように。 アイコン

夏子

 

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
2013年1月10日
「あづちよもやま話、なんちって」
 寒い日が続いてますね。
日本海側は悪天候が続いて、山での遭難事故が例年より多いようで心が痛みます・・・。アイコン
そんでもなんだって吹雪なのに登っちゃうんでしょうか・・・。
多分、貴重な休みなので行かないともったいないと思うのでしょうかね。
それとも出る時は止んでいて、好天しそうに見えたのか・・・。
雪に閉じ込められて動けないなんて、その寒さはいかばかりか・・・
考えただけでぞうーっとしちゃいます。
あえて冬山に入る人達ですから皆相当な熟練者のはずですが・・・。
ううむ。

 今週から五輪招致のニュースで持ちきりです。
これも「ううむ」。
そんなに必要でしょうかね、東京で五輪を開催する事が。アイコン
大声で叫べば叫ぶほどしらけちゃうのは私だけかしら。
五輪は嫌いじゃないしやってれば一応見るけどさ、別にどこでやってても五輪は五輪で楽しみが損なわれるわけじゃなし。
むしろ苛酷な予選を勝ち抜く事やアウェイで戦う本当のたくましさの方こそ私は見たいけどね。

 メダリストの人たちの、時に過剰に見えるパフォーマンスがね、正直ウザい・・・なんて言ってませんー。
「お給料」もらっている人もいるだろうしね。
ただ、五輪の「経済効果」、というなら東京よりもっとそれが必要な都市は他にあるだろうな、とは感じます。
でも目下のライバルが「イスタンブール」と「マドリード」なら・・・ひょっとして東京は勝てるかも・・・。
まあ巨額な税金つぎ込むんだから前回みたいにまッ先に落ちる、なんてのはカッコ悪いよね。
果たして9月に笑うのは・・・。

 松井(秀喜)の引退には泣けました。アイコン
彼の会見のコメントを聞いて、「命がけ」という言葉の重さを改めて感じました。
「命がけでアメリカに渡ってきたのだから」と、日本の球団に戻って花道を、なんて選択はまったく、初めからなかったのでしょうね。
彼ほどのスター選手が「浪人」期間を過ごすなんて、そんな例は見たことなかったし。
昨年のシーズン後半、あの時期をあえてさらす事が彼にとっての「命がけ」だったのだ、とそのような感じの事を言ってました。

 イチローじゃまねできないよ、きっと・・・・。
ま、キャラが違うし・・・・。

 私は昼前のBSニュースで見たのだけれど、その会見で松井が
「本日をもって私、松井秀喜は・・・」と言ったところで次の言葉が止まったの。アイコン
5秒か10秒か、かなり長い間があって、私は「あ、感極まったのかな、この長い沈黙が彼の心情を、言葉より饒舌に語っているみたいだ、そのまま流すなんてNHKもやるじゃないか・・・」とちょっとうるっときてたらどうやら放送事故で映像が止まっていたのでした。
他のニュースでは普通に流していたのでね。

 当分日本には帰ってこないみたいです。
「いずれ巨人の監督に」とあのジジイが言ってたみたいだけど巨人の監督でもなんかまだまだスケールが小さいように思いました。
松井の器には。
1チームの監督業よりも、松井には「コミッショナー」とかになってほしいなあ。
本来の、ほんとの意味の「最高責任者」にね。 アイコン

P.S
 「男」だなあ!
 「男道」ってこういうのを言うだなあ!
 私が男なら惚れてるね・・・(笑)。 アイコン

夏子

 

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
2013年1月1日
「謹賀新年」
 2013年、明けましておめでとうございます。アイコン
何がおめでたいかはさておき、在り来たりではありますが新年の抱負などを・・・。

 今年は(というよりこれからは)、「考えない事」にしようかな、と。アイコン

 元々漫画描きなので考える事は生業、というか妄想好き、というか。
自然にふつうにいつも変な事とか考えてますね。
思い出し笑いしたり・・・。
大事な事やくだらない事や泣ける(?)事とか、思考に取りつかれると何時間でも妄想したり一人パズルみたいにえんえんと掘り下げたり分析したりする事が好きです。

 あれとこれが似てる、とか「漢字」や「地名」の語源とか調べたりも楽しい。
ゴシップやエロ話も・・・笑。
(ネットサーフィンはあまりしませんが。)

 それが仕事に直接結びつく事もあれば何の役にもたたず(その方が多いかな)とりあえず誰かにしゃべってウケたらそれで満足、とか。
(もちろんウケなくてサミシかったり、しゃべるタイミングがなかったり。または
 まったく共感されなくて腹を立てたり・・・笑)
でも根が真面目なんで(?)、考え出すと、なんかだんだん暗くなる事も多いし。
元々孤独な思考、というのはネガティブに陥りやすいですしね。

 しかし。アイコン

 一応何十年か生きてきて、
考えても仕方のない事や答えのない事があるのだ、という事をうすうす知りました。
または時にはたくさんの答えや、人それぞれの答えがある事も。

 たとえば。アイコン

 私は多い時は月2〜3回(間違えて月23回ってうっちゃった、んなわけないね。23回はスゴイ・・・)
くらい登山をするのですが、
「なぜ山に登るのか?」と友人に聞かれる事もありますが、
「なぜ」を考える必要はないです。
登山口まで来たら登りゃいいんです。
登って、頂上まで行って、そして下りればいい。
「損得」で測らない。
(もっとも、登山をして損な事は何一つないですが)
歩いたり、走ったりする時に「HOW?」を考えたりしないでしょ。
それと同じ、自然に右足と左足を交互に出せば。
理屈じゃないの。アイコン

 だいたい登っている最中はたいてい苦しいのでよけいな事考えられないしね。
(ある意味そこがいいんだけどね。頭真っ白になって)

 もちろん考えなきゃならない事もあるので(事務的な事とか)それはしますが。
つまり「考えるべき事」「考えなきゃならない事」と「考えても仕方のない事」「答えのない事」の区別をつけようかな、と。

 その選別を間違えないようにしよう、と思っています。
ン十年生きてきたんだからそれくらい解らなきゃクールじゃないだろ!てな。

 ま、自分のすべき事、できる事、したい事をしようかな、その順で。
そういう年にしたいなぁ、を「新年の抱負」ってことにしますです。ふふ。

 でも楽しいといいな。
 やっぱりね。アイコン

P.S
 多分春ごろから山の漫画描きます。
 その時はここで告知します、もちろん。アイコン

夏子

 

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
 
Back No 2019
 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2018
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2017
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2016
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2015
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2014
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2013
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2012
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2011
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2010
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2009
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2008
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2007
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2006
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2005
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2004
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2003
  12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2002
  12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2001
 12月 / 11月
スペース
スペース
(C)ポニーテール企画