塀内夏子オフィシャルWebsite
サイトID
週刊なつこの部屋 最近のなつこ
スペース スペース スペース
スペース 最近のなつこ
なつこの本
なつこのぷれみあ本
ギャラー



ギャラー
EVIL II
キャンペーン


ギャラー
EVIL II
Amazon


ギャラー
Amazon
スペース
スペース
スペース

『Amazon』のページが開きます

EVIL II『Amazon』のページが開きます


「EVIL2〜メビウスの扉〜」電子書籍発売記念キャンペーン


2005年8月31日

 いよいよ8月も終りかあ。
御盆過ぎるとあっという間だよね。
今年の夏は去年ほど猛暑じゃなかったので助かったな。
私は「夏子」なので夏バテ、ってほとんどしたことなかったのにここ数年の東京の暑さ、っていったらやっぱり異常だなあ。アイコン
でももうすぐ9月、残暑も控えめだといいのに。

 先週末は「笠が岳」という山に登りました。
いや、真面目にしんどかった!
久々にばてたばてた。
まだ足痛いよん。
でも初めて山頂で「御来光」見られたし、山小屋に物資を届けるヘリコプターを目の前で見られておもしろかった〜。

 いやあ、ヘリコプターってかっこいい!アイコン
お約束で手を振る。
でも立山連峰で見た富山県警の「つるぎ」の方が青いラインの機体でかっこよかったかな...。

 そんで御来光。
5時23分、目の槍ヶ岳の向こうから出るぞ出るぞ、出たー!ってなもんで、山頂のおじさんやおばさんの登山者、大歓声。アイコン
そしてパノラマの山々を徐々に朝陽でオレンジ色に照らし(モルゲンロートという)、一気に蒼から青へ、空を塗り替える。
さらに西南の雲の上に私達が立っている笠が岳の影を映し出す...。
荘厳な光のショーだ。
太陽エネルギーってすごいなあ。
レプカがほしがるわけだ。(あ、知らない?未来少年コナンなんだけど)

 60才くらいのおじさんはデジカメを抱えて、もう大興奮。
「どうしよう、どうしよう、こんなのもう二度と見られない、もうどうしよう・・」
感動で泣き出さんばかりだ。

 さらに槍・穂高。大キレット、吊り尾根、北穂に奥穂にジャンダルム...。
こんなに近く、こんなに綺麗な槍・穂高を見るのも初めてかもしれない。
私高校の時登ったんだなあ、あんな険しく美しい山に。
たしかに大変だったけど、足が痛いとか疲れたとか、あんまり意識してなかったような覚えが。
若かったのね、ほほ。

P.S.
 秋好き。アイコン
 特にだらだら過ごす、曇り空の日曜日とか。

夏子

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
2005年8月24日

 高校野球も終ると夏も終り、って感じですね。アイコン
その高校野球、駒苫高校とかでスキャンダル発覚。
あーあ。
部長先生が部員をぶったとかなんとか。
へえー、高校野球なんて「けつバット」の世界だと思ってたから、それくらいのことで問題になるんだー。アイコン
たいしたことない・・・と思いつつ、明徳義塾(だっけ?)が同じような事件で辞退してるからね。
このままじゃすまされるまい。
でも野球部員だって普通の高校男児、日常的にあたりまえの人間同士のトラブル、いじめだってあって当たり前だと思うけど。
野球部員だけが「純粋、潔白な高校生」像を求められても無理があるんじゃないかなあ。
血気盛んで多感な年頃なのにね。
名門校だとストレスも強そうだし。

 もういいかげん「さわやか高校野球」のイメージだけ追うの、よせばいいのに。
ちやほやするのもさ。
私はもうとっくに飽きちゃったな。
だいたいこの猛暑に・・・。

 選挙がありゃりゃ、って感じになっちゃって、なんかテレビの「北野タレント名鑑」みたいな様相を呈してきたよん。アイコン
「中身はどうでもいいから選挙出てみない?」って片っ端から電話してるんじゃないだろうね。
あ、カリスマ料理研究家だかなんだか小奇麗なおばさんが「料理も政治も一緒なんですっ」って、わかんねえよ〜。

 それにしても政治家ってどうしてこうもみっともないおっさんばっかりなんだろう。
小太りでネクタイでもしなきゃ格好つかないような。
(クールビズは残酷〜)
どうせ誰がやってもたいして変わらないなら男前を出せよ。アイコン
ははは。

夏子

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
2005年8月17日

 ここのとこ登山に行っても雨にたたられっぱなしです。
先週は後立山連峰の盟主、鹿島槍ヶ岳でした。
(あの土砂崩落の白馬岳のみっつ隣の山)
友人が
「雨で登っていて楽しいの?」と聞くので、
「楽しいことはひとっつもない!アイコン」と答えた。

 景色は何も見えないわ、空が暗くて気分落ち込むわ、服や靴が濡れて気持ち悪いわ・・・。
我ながら物好きだなあ、と思うことしきり。
まあ、シャワーみたいで汗が流れてお風呂に入れない時とかはいいけどね。

 でも中高年登山者、50代60代のおばさんたち、それでもほんっとに嬉しそうに登ってるの。アイコン
雨だって嬉しそうなの。
私なんか「チクショ−、来るんじゃなかった!」って悪態つきまくりなのに。

 頂上で、ほんの少し太陽が顔を出した。
でも見えるはずの立山連峰は全然見えない。
太陽に向かって
「こらー、もちっと顔出せー」とどなったら
ほんの少しだけ顔を出していた太陽がほどなく雲に隠れて
それっきりもう出なくなってしまった。アイコン
ありゃ、怒らせちゃったようだ。
すまない・・・。

 あ、総選挙、うっとうしい展開になったなあ。
ここの選挙区にも刺客がこないかなあ。アイコン
テレビでその話になり、小山ゆう先生の「あずみ」が引き合いに出されていた。
馬鹿なアナウンサーが、
「漫画の中の登場人物で、あずみという名の“忍者”が活躍し・・・」
と言うのを聞いて
「馬鹿、あずみは忍者じゃない」と心の中で思った。・・・

 なんか、同世代の女性政治家がなんやらかしましいけど
(○○セイコとか○元○美とか)
どいつもこいつもうっとうしい。
はあ。

P.S.
 今週から作画が再開。アイコン
 掲載が近くなったら知らせます。
 よろちく。

夏子

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
2005年8月10日

 暑いですね・・・と言うからよけい暑くなる気がする・・・。アイコン
この暑い中で総選挙かあ。
御苦労さん、というかよけいな事を。
どこへ行くのか、日本は。アイコン
前々から小泉さんのいいところ、って髪の毛があるとこぐらいだなあ、と思っていたけど。
でもよく考えて、ひょっとしたらまだ小泉さんでましなのかも。
へたに民主党政権、なんてなっちゃったらもっとひどい事になるのかなあ。
イラクが、まだフセインの頃の方がましだったあ、なんてみたいに。
(あ、よくわからないや、この件は。)
まあそうでない事を願って選挙行くかな。
都議選の時は書く名前間違えてたくせにね、あたし。アイコン
暑いのに...暑いのに...。

 自殺サイト殺人事件。
ありゃ、とうとうここまできちゃったか...。
思わずブラックジャックのドクター・キリコを思い出した。
以前にも「ドクターキリコの部屋」とかいう死にたい人に青酸カリを宅配する、ってサイトあったけどね。
漫画にしてもそのサイトにしても今回の事件に比べたらまだまだまとも、っていうか共感はできないにしてもまだ少しは理解できたような気がする。
状況を想像するだけでひたすらおぞましい・・・。

 先々週行った剣岳(登頂してない)と、今度行こうか、って言っていた常念岳で相次いで死亡事故が。
どれも(3人)中高年登山者でした。
あたしも気をつけます。

 暑いので(しつこい...アイコン)このへんで。

夏子

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
2005年8月3日

「台風一過」

 先週、富山県は立山に行ってきました。
日本三大名山の立山と、憧れと恐怖(?)の剣岳めざして。アイコン

 立山は無事登れたのだけど剣岳の方はあいにく台風7号の直撃をくらって丸二日山小屋に停滞。
翌々日三分の二ほどのところまで登って時間切れで登頂はあきらめました。
(帰りの時間を考えると無理でしたので)
残念のようなホッとしたような...。

 なにしろ登る前からかなりびびっていて、どう言い訳して登るのよすか、さんざん悩んで、やっぱりあきらめよう、いやここまで来たのだから登ってみよう、と迷った前日。
いよいよ、やっぱりがんばって行けるとこまで行こう、と決心したら台風の直撃。アイコン
マラソン大会をどうさぼるか考えたあげく、中止になったような、ほっとするやら残念やら、すっきりしない気持ち悪さを残した感じ。

 あきらめて、一時間ほど歩いたところでいきなりそれまでずーっとたちこめていたガスが本当にすうーっと晴れて、稜線に出た時いきなり眼前に憧れ(と恐怖の)剣岳が現れたのでした。アイコン
いままで写真でさんざん見た剣の勇壮なお姿。
「あああ・・・・」
複雑な思いの私に、剣岳様は
「残念だったな!来年また来いよ」と言っているようだったなあ。
(ドリフターズかアイコン...ビバノンノ)

 東京は暑かったのかな。
ラジオで台風情報聞きながら、でも標高2800メートルの山小屋ではストーブをたいていたので不思議な気分でした。

P.S.
 ちょっと夏ばて気味かしら。アイコン

夏子

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
 
Back No 2019
 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2018
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2017
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2016
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2015
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2014
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2013
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2012
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2011
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2010
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2009
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2008
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2007
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2006
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2005
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2004
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2003
  12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2002
  12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2001
 12月 / 11月
スペース
スペース
(C)ポニーテール企画