塀内夏子オフィシャルWebsite
サイトID
週刊なつこの部屋 最近のなつこ
スペース スペース スペース
スペース 最近のなつこ
なつこの本
なつこのぷれみあ本
ギャラー



ギャラー
なつこの百名山
Amazon


ギャラー
EVIL II
Amazon


ギャラー
Amazon
スペース
スペース
スペース

『Amazon』のページが開きます

<Renta!>
9月1日先行配信済み

<kindle>
(*配信開始と同時に
Kindle Unlimitedへエントリー予定)

<DMM>
<楽天kobo>
<コミックシーモア>
<紀伊国屋書店>
<BOOK☆WALKER>
 

EVIL II『Amazon』のページが開きます


2007年4月25日

 全国一斉学力テスト実施ですって。
日教組とか一部反対もあるらしい、学力格差が広がってしまう、とか言って。アイコン
でもさあ、学力格差があって当たり前じゃん。
みんな仲良く、なんて有り得ないし。
努力した子としてない子が差がつくの、当然でしょ。アイコン

 それに競争は大昔からすでに厳然と存在してるのに。
(ちなみに「受験戦争」という言葉は今の団塊世代の受験の頃生まれたらしい。)
今だって「お受験」とかいってもう幼稚園に入る時から(一部の子供は)戦いに送りだされている・・・。

 第一、仮に学校で、みんな仲良くぬるるん、としていても、社会に出ればそれこそうんと厳しい競争社会になるのにね。
あ、だからニートとかになっちゃうのか。

 いくら政府が学力向上を、なんて言ってもなまけもので勉強きらいなお馬鹿ちゃんにはムダムダ。
しない、って。アイコン
そういう子が自分から勉強、なんて。するわけないって。
そのツケが20代、30代になってやってきて格差社会、なんて文句言われてもねえ。
因果応報ってもんじゃないでしょうか。

 楽していい目をみようとしてもねえ、それは通らないんじゃないでしょうか。
私はもう大人になってるからテストしないでいいんだ。
よかったあ。アイコン

P.S
 「イカロスの山」第7巻発売中。よろしく。

夏子

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
2007年4月18日

「裏金疑惑」
 ライオンズの事件(他もやっているらしいけど)腹がたつ。アイコン
聞けば、20何年も前からだそうじゃないの。
昔、ライオンズのファンで、よく試合見に行ったっけ。
老舗の野球ファンからは馬鹿にされたけど私にとってライオンズは初めてファンになった、特別の球団だった。

 レオマークや、広岡監督や、それまでの野球選手のイメージと違う、スリムでよく走り、知能も要求される(?)ライオンズの選手達は当時の私にはとてもフレッシュに感じられたものだ。

 いわば、初恋の球団だった。アイコン

 90年代に入ってからは熱も冷めて、(サッカーに移ったんかな)スポーツニュースとかで目を通す程度になっちゃったて、今ではなんとも思わないけどね。
選手も代替わりしちゃったしね。
終った、もう遠い存在になっていた。

 だから今、こんな事がおきても特別どうでもいいけど・・・でもなんか、初恋を汚された気持ちだよ。
遠い、きれいな思い出だったのに。アイコン
私が好きだったころからうさん臭い事やってた、ってわけかい。
よくも汚してくれたな・・・。

 信頼回復したい、なんて言ってるけどね。
無理だよ。
こんな「男」に恋してたのか・・・はあ・・・。
でももうどうでもいいや。
見に行くこともないしね。
ほんとに、なんとも思わないよ。

夏子

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
2007年4月11日

 北アルプスでヘリコプタ−事故。
水晶岳の山小屋近くにヘリ墜落・・・。
去年登りに行った山ではありませんか。アイコン

 ニュースを聞いた時、ひょっとして移動中のビジネスマンを乗せたヘリが山で墜落したのかと思って、
「えー、まさか背広に革靴で雪山にほおりだされたの?ならば山小屋の近くで
 不幸中の幸いかも・・・」
と、心配したけど。
でも用事で山小屋に行く人達だった、というのでなら一晩くらいはやりすごす装備はあるかな...と。
幸い翌朝早くヘリで救助、とのこと。
(ただし2名がお亡くなりに)

 水晶小屋は去年、水晶岳に登ったあと近くでお昼を食べて、トイレを借りたっけ。アイコン
小さい小屋で、若い管理人さんがいたような。
今回事故にあった若夫婦さんだったのかしら。

 水晶岳は北アルプスの名だたる山々の中でも一番奥深くにあって、もちろん道路もなく、アプローチするまで3日はかかる(もちろん徒歩で)・・・
行くだけでも相当困難な、ほんとにほんとに遠い山。
水晶岳に登る前にいくつかの3000メートル級の山を登らなければ近寄ることもできないんだよなあ。
(縦走という。私も黒部五郎岳、鷲羽岳のあと3日目でようやく登頂したのだった)

 まして冬山で・・・。
天気が荒れてヘリが飛べなければどうなっちゃうのか・・・という心配は幸い解消されましたが。

 テレビに映された水晶岳は夏とは全然違う、雪の山。
あの美しかった夏の北アルプスが恐ろしい自然の脅威をむき出しにして・・・
と思いつつ、ああ、やっぱり真っ白い山は綺麗だな、とも思ったんでした。

 山はまことに美しくて恐ろしい。

P.S
 「イカロスの山」第7巻4/23発売。
  よろしく。アイコン

夏子

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
2007年4月4日

「大プリン」
 今日の夕飯のメニューはドライカレーと野菜サラダ、鳥スープにオレンジ、デザートになぜだかプリン。(給食か!)アイコン
メシスタントのK子ちゃんが作ってくれるのだが(激うま!)アイコン
プリンは私も一緒に作った。

 そしたら大騒ぎでさ。
なにしろ卵20コに牛乳1.5リットルで作ったものだから(何人分だ!)。
仕事場にオーブンがないので蒸し器で作る。
プリン型に8コ、エンゼル型(大きいドーナツ形)で一個、20センチくらいの特大ボウル型で一個。(何人前だ!)
並んだ並んだ、たくさんのプリン。アイコン

 ところが、蒸し器のせいか、卵が小さくて牛乳の量に比べて少なかったせいか、なにやら水っぽい、薄い味のプリンになってしまった・・・。
私は悲しかった。
せっかくみんなに美味しいプリンを食べさせてやりたかったのに・・・。
「失敗だ!捨てる!」アイコン
「大丈夫ですよ、美味しいですよ・・・」
ううう、なぐさめてもらっても使った卵はもどらない・・・。
ああ、卵20コ、鶏が苦労してひりだしてくれたのに・・・。
ごめんよ・・・。

 でも冷やしたら固まって甘味が増してそこそこの味になった。
「美味しいですよー」
皿にひっくり返した小さいプリンはほんとうに可愛い。アイコン

 よかった、みんな喜んで食べてくれてる。
巷でも大型プリンが流行っているらしい。
男性アシも、一度でっかいプリンを思う存分食べてみたかったそうだ。
大人食いか。

 次ぎはちゃんと(自宅の)オーブンで焼いて、もっと美味しいプリンを作ろう。
リベンジ! アイコン

P.S
 アシのKネコさんがインフルエンザでやられた。
 熱が出て、今話題のタミフルを飲んだそうだが、異常行動は今のところでていない。
 10代じゃないから大丈夫であろう。
 プリンを食べたがっていた。
 熱が下がったらコンビニに買いに行くって。

夏子

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
 
Back No 2019
 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2019
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2018
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2017
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2016
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2015
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2014
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2013
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2012
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2011
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2010
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2009
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2008
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2007
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2006
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2005
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2004
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2003
  12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2002
  12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2001
 12月 / 11月
スペース
スペース
(C)ポニーテール企画