塀内夏子オフィシャルWebsite
サイトID
週刊なつこの部屋 最近のなつこ
スペース スペース スペース
スペース 最近のなつこ
なつこの本
なつこのぷれみあ本
ギャラー



ギャラー
EVIL II
キャンペーン


ギャラー
EVIL II
Amazon


ギャラー
Amazon
スペース
スペース
スペース

『Amazon』のページが開きます

EVIL II『Amazon』のページが開きます


「EVIL2〜メビウスの扉〜」電子書籍発売記念キャンペーン


2003年3月26日

 「千と千尋・・・」アカデミ−賞取りましたね。
うれしいな。アイコン
私宮崎アニメ大好きなのよ。
絵がかわいいし、なんたってよく動く。アイコン
話はちょっといい子すぎるんで脇役の方に感情移入することもある。
つきなみな言い方だけど「心が洗われる感じ」。

 ちなみにディズニーの絵ってあんまり好きじゃない。
ミッキーマウスとか。
目がぎょろぎょろしてて気持ち悪いなあ。
(アメキャラなら昔からスヌーピーが好き。)
やはり昔から東映動画なんかでなじみ深かった宮崎アニメの絵のほうがだんぜん好きですね。
(風のフジ丸とかサリーちゃんとか)
私も昔一瞬(何秒だ?)アニメーターになりたいなーと思ったこともあったんだけど、ある日、本か何かでアニメーターの基本中の基本らしい「木の枝から葉っぱが一枚落ちてくるシーン」を練習しなければいけない、と聞いて「わ、難しそう」とその道のりの長さにうんざりして速攻であきらめたことがある。
やっぱり漫画の方がいいかも・・・と。アイコン
(漫画も大変か?)

 ですので「未来少年コナン」とか宮崎アニメを見て「あ、ここも動く、ここも、うあー、モブまで動いてるー!」と動く絵を見るだけでワクワクし、感動したもんでした。
だからもう「千と千尋〜」クラスになるとただただため息ばかりです。
ディズニーアニメは(今はよくわからないけど)昔はすべて一度実写撮ってからセルを作る、と聞いて「なんだ、日本の方がすごいじゃん」と思ったり。

 ・・・と書いてふとアシストSに尋ねたら日本のアニメは今はセルは使っていない、と聞きああ、そうだったんだと改めてびっくり。アイコン
私がアニメの背景のお仕事してたのはもう遥か昔のことか・・・トシとるわけじゃん。
とにかく宮崎監督にはとにかくそのプロとしてのこだわりの強さを見習いたいものです。
少しでも。

夏子

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
2003年3月19日

 どうも腹たつことが多い今日この頃・・・。アイコン

 銀行の利子が低くて手数料が高い。
絶対土曜日になんかおろすもんか。
有料の両替えなんかしてやるもんか。
手間はかかるけど手数料のかからない某し○せい銀行に全部切り替えてやる。アイコン

 東○電力がお願いしてくるから節電をしている。
そしたら電気量が三分の二になった。アイコン
たとえ原発がもとにもどっても節電を続けてやる。
そしたら東○は収入が減って「もっと電気を使ってください」って今度はお願いしてくるのかな。

 某証券会社が勝手に公社債の利率を見直ししてやがった。アイコン
売る時は「長くもってるほどお得ですから」なんてぬかしてたくせに。
さっそく解約して全部引き払ってやる。

 ついでにN○Tはかつて徴集した「電話債券10万円」返せ。
(当時は電○公社)
きい。テレカは換金しろ。アイコン

 私は電車あんまり乗らないのでそんなに困らないけどアシのKさん、「3月に集中して道路工事やるのやめてほしい」と。
お役所も予算があまったら次に繰り越しできるようにすればいいのに。
何もあるだけ使わなくたっていいじゃないか。アイコン

 アシ2人より「トトステーションが少ない!」だと。
「当たる前に買えないじゃないか!」
「買ったって当たらないじゃん。」
「2回当たったもん〜!」(合計300円。ははは)

 戦争関連は・・・言ってもむなしいので・・・。 アイコン

P.S
 ちなみに実家の母が来週沖縄に遊びに行く。
 「きなくさくなったから止めたら?」と言うと
 「お守りに護摩を炊いたから大丈夫」 ですって。
  何事もないことを祈る。

夏子

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
2003年3月12日

「これがアルペン踊りだ!」

 先日のアルペン踊りの件で、アルペン踊りってナーニという質問があったのでそれにお答えしようかと。アイコン

これがアルペン踊りだ!歌に合わせてこれ(→)をくり返す・・・。

 というフォークダンスのような単純な踊りでしたね、うちの地方(?)のアルペン踊りは。年輩の方にも聞いたらほぼこんな感じでした。
私はよく学校や姉妹でやりました。

 体育の授業の待ち時間かなんかで友達と踊ったりまたは家で姉とふとんの上で歌いながら。
ポイントは歌をだんだん速くしていくこと。
♪ラーンララララララ、ラーンラララララ・・・のくだり、どんどんどんどんテンポがあがるのでしまいにはもう足がもつれる、目がまわってひっくり返る・・・
そして姉と顔を見合わせてお腹がよじれるくらい大笑いをしたっけなあ。
(またはいきなりものすごーくゆっくり歌ったりして)
ほんとに大笑いをした。
こんな他愛もない遊びでね。二人でふとんの上で何がそんなにおかしかったのか・・・。
さあ、始めよう、といって始めるわけでなし、いつもいきなりどちらかが歌いだしてゲームが始まる、何コーラスか続けてとにかく先にひっくり返った方が負け。
多分ふすまか障子かに身体をぶつけておかあさんに怒られてゲームは終了。
今ほど遊び道具もなかったし・・・。
まあ、微笑ましい話じゃないか。アイコン

 ・・・で、スイスでの「アルペン踊り」がどのようなものかはわかりませんが日本においては基本的にはこんなようなものかと思います。
まあ、バリエーションはいろいろあるかも。

P.S
 先週末妙高、赤倉などで滑る。
 思いがけずパウダースノーを楽しむが吹雪きで視界が悪く、時折ホワイトアウト状態になり平衡感覚が狂いよく転んだりして。アイコン

夏子

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
2003年3月5日

「フレディの唇」

 先週新宿のタワーレコードに行って迷子になった。アイコン
どこのフロアに何があるのかさっぱりわからず、(探せばいいのに。でもとにかくたくさんあって・・・目が疲れちゃって。)

 めんどうくさいので店員さんに聞いた。
そういえば前にもTUTAYAで(母が好きな氷川きよしの)CD買うのに店員さんに「きよしのずんどこ節どこですか?」と聞いてちょっと恥ずかしかったな。

 で、何を買ったかというとクイーンだったりして。アイコン
懐かしい・・・高校の時のよく聞いたなあ。
当時はレコードで。そんなにたくさん買えないから1枚のレコードを何度も何度もくり返し聞いたなあ。
CDになったら聴きたい曲以外はとばしちゃったりして。

 そのころはクイーンってヒット曲が多かったからよく聴いたけど一番好きだったわけでもなかったから特に意識しなかったけど・・・
フレディって・・・ほんとにいい声をしてるね。
のびもあってここちよい。
来るぞ来るぞ、来たあー、ここまで来るかー!!って感じ。アイコン
あ、わからない?

 見た目がおっさんくさかったから当時は気づかなかった。
今回聴いてほんとにしみじみ思った。
なんてすばらしいヴォーカリストだったんだろう、フレディって。
でももう10年以上前に亡くなってるんだよね。
それも知ってたけど、そのことを新聞で見た時も「ああ、死んだのか」としか思わなかったけど・・・
今初めて心から惜しいと思ったのだ。
ほんとに惜しいヴォーカリストを亡くしたんだなあ、と。

 ヒゲはやして黒皮のピチピチの吊りズボンはいてとんからがして歌っていたあのフレディの唇はもうないのだなあ。アイコン

 クロマティ高校のフレディしか知らない人がいたら教えてあげよう。
あれはね、ほんとに存在したとてもすばらしい歌手がモデルなんだよって。

 ついでにベストヒット盤のほぼ全部の曲を当時の友達や自分の情景を思い浮かべながら聴くことができた。
これって改めてすごいことだと思うなあ。
クイーンってやっぱり偉大なバンドだったんだ。
合掌。

おまけ♪アイコン
 クイーンの「キラークイーン」の歌詞で中程のサビのあたりの
〜・・・GUNPOWDER GELATINE・・・〜という箇所が当時「〜がんばーれ、タブチ〜」と聞こえる、とあるラジオ番組で話題になったものでした。
空耳アワーの元祖。
これを超える傑作空耳はなかったなあ。
偉大なバンドは空耳も偉大。
「キラークイーン」持ってる人、聴いてみて♪

P.S
 それにしても今のCDの値段の安いことといったら。
 うれしいような悲しいような。(クイーンも割り引きだったし。)
 でもCDバーゲン投げ売り1枚290円はちょっとあんまりじゃ・・・在庫一掃か。
 漫画も安売りされるわけだなあ。  

夏子

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
 
Back No 2019
 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2018
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2017
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2016
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2015
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2014
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2013
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2012
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2011
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2010
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2009
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2008
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2007
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2006
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2005
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2004
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2003
  12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2002
  12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2001
 12月 / 11月
スペース
スペース
(C)ポニーテール企画