塀内夏子オフィシャルWebsite
サイトID
週刊なつこの部屋 最近のなつこ
スペース スペース スペース
スペース 最近のなつこ
なつこの本
なつこのぷれみあ本
ギャラー



ギャラー
EVIL II
キャンペーン


ギャラー
EVIL II
Amazon


ギャラー
Amazon
スペース
スペース
スペース

『Amazon』のページが開きます

EVIL II『Amazon』のページが開きます


「EVIL2〜メビウスの扉〜」電子書籍発売記念キャンペーン


2010年2月24日

「バンクーバーーー♪」アイコン
 メダルはちょっと無理かもねえ、とか思いながらもやはり見てしまえばそれなりに楽しんでしまうオリンピックーー。
中でもやっぱり高橋大輔よかったーーー、感動したっ。アイコン
(日本中感動した、と言うとよく「ウチは日本じゃないんだ・・・」と
 つぶやいていた友人を思い出すけど・・・)
私も漏れなく感動した。

 いやあ、3人のメダリストの中で一番よかったんじゃないかなあ。
そりゃ日本人だから、の身びいきは差し引いても、プログラムがよかった。アイコン
1位のライサチェックは「シエラザード」の残虐な王様が改心する話、
2位のプルシェンコは「タンゴ」でしょ。
その中で、大道芸人の悲哀の「道」は本当にわかりやすかっしドラマティックだった。
ピエロって世界中の人が一発でわかるもの。

 それにあの表現。
いつから日本人の表現力があんなに、世界1の評価を受けられるようになったんだろう?
感慨深い・・・。

 そしてあのラストのガッツポーズアイコン、あれでやられました。
4回転(果敢に挑むも)に失敗してたから滑り終わってそんなに喜ばないのかな?
と思ってたので意外でもあり、「ああ、大輔は滑り切ったんだ」と心から思いました。
感動。
あれはジャッジにもアピールしたと思うよ。

 よく、「目標は?」と聞かれて
ズバリ「金メダル」と言える真央ちゃん(すごい!アイコン)とかと比べて
「終わった時に笑顔でいたい」とか
「輝いていたい」と答えるアスリートは、今迄正直「あいまい」「弱気?」とか「いい訳モードかな?」とかネガティブに感じていたんだけど、
この日の大輔を見ていたら、
「ああ、こういう事か・・・」と思い知らされたのでした。アイコン

 よかった、本当に感動した。アイコン

 ・・でもプルシェンコ、おかしかった、「4回転跳んでないじゃないか」ってぶうぶう文句言ってさ。
それで、「日本人選手はすばらしかった」ってほめてくれるの。
で、それを聞いたライサチェックが今迄尊敬し目標にしていたプル先輩にそんな事言われて戸惑ってると漏れ聞く・・・。
「だって怪我上がりだったしもともと4回転あんまり得意じゃないし・・」って?

 でもプル兄さんの言う事ももっともかな。アイコン
確かに4回転に挑む選手極端に減ったもんね。
リスクをしょってでも試合で挑み、そして見事に下りてこそアスリートではないか、と思うし、さらに感動するというもの。
まあ、彼のフリーは確かにあんまり出来よくなかったからね・・・。
順位は妥当かな・・・でも私は大輔の「道」が一番好きだった。
うん、うん。

P.S
 3/1発売のヤンマガから新連載「コラソン」始まります。アイコン
 トップ絵はそのカラーです。
 実際の掲載時はデシタルでスタジアムとかを
 コラージュしてもらうのでもっと派手な仕上がりです。
 よろしくーーー。

夏子

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
2010年2月17日

「腰パンいけませんか?」
 五輪のスノボの國母選手の服装問題ばかり騒がれてちょっとしつこいので弁護などを・・・。

 スノボは腰パンがスタンダードなのよね。アイコン
(あたしのボードパンツも腰できめるデザイン・・・いい年して腰パンさせないでくれ・・・
 もちろんしてないけど)
エアとかいろいろトリックをやる際に膝を自由に動かすために、ズボンはゆったりめなんです。
(トビさんのニッカボッカと同じで)

 あれが問題になって、出場辞退させるくらいならスノボ(ハーフパイプ)を五輪からはずせばいいんだ。アイコン
初めから五輪にハーフパイプって違和感あった。
スノボはソルトレーク五輪から正式種目になったんだけど、理由はアメリカ勢が強いから。
それとテレビ映えがするから。
(これもアメリカのテレビの都合か?)

 スノーボードは「アルペン」「フリースタイル」の2つに分けられ、ハーフパイプはフリースタイル。
(ちなみに一般のゲレンデの9割以上はフリースタイルの板。
 あたいのも。アイコン
タイムを競うアルペンに比べ「フリースタイル」は・・・・
極言すると「カッコよさ」を競うんです。
競技の技術が主ではあるけどファッションや、「生き方」・・・「スタイル」を競う。
「アスリート」というよりはむしろ「ロックミュージシャン」とか「アーティスト」に近いかも・・・。

 國母選手を始め、プロライダーの主戦場は「Xゲーム」などの賞金大会。
彼等は「賞金稼ぎ」が生業、そしていかにカッコいいビデオ(DVD)を作成してそれを売り、板やバインディングとかのメーカーと契約して稼ぐわけ。
始めから「金・銀・銅」を競い、一応アマチュアをうたう五輪と相性がいい訳がない。アイコン
実業団などに所属する「社員」の選手とは違う。

 ソルトレークの時は当時人気・実力NO.1だったあるカリスマライダーは「五輪には興味ない」って参加しなかったし・・・。

 ま、たしかにスーツで腰パンは正直「馬鹿丸出し」って感じでいただけなかったけど。
(普段はゆったり、でもスーツはピシッとキメた方が格好よかったのにねアイコン
もっとも彼は「馬鹿」に見られてかまわなかったのかもしれないし、「理解」なんかされたくなかったのかもしれない。
JOCのお偉いさん好みの「優等生」なんてヘドがでる、雪の上のパフォーマンスが全てと思ってたかな。
青臭いな・・・
可愛いけど。

 でも橋本聖子団長とのツーショットはおかしかったな。
まるで不良息子とおっ母さん、みたいで。
ふんぞり返った息子の横で、本人より深く頭を下げ、息子のドレッド頭を押さえて、
「あんたも頭下げなさいっアイコン」なんてやってたらおもしろかった。
で、記者会見を後にして退場する時に腰パンで歩きながらどんどんズボンわざと下げて、半ケツ出すの。アイコン
そんでまたおっ母さんに叱られて・・・「この馬鹿息子っ」とかね。

 冗談はともかく、この騒動にめげず、ダントツ金メダル候補のショーン・ホワイト(キム・ヨナと並び年間7億円稼ぐという・・)を下して金メダル奪ったら格好いいよね。
そんで金メダルを首からはずして「こんなもんいらねえや」とか言ってほおり投げたら最高。
もちろん腰パンで。
ははは。
がんばれ腰パン。 アイコン

P.S
 やくみつる先生が「強ければいいってもんじゃない」って批判してたけど、
 先生、強くなければあの場にいないし、あのスーツもらえてませんけど。

夏子

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
2010年2月10日

 先日、NHKで「高校生の就職難」というテーマの番組を見た。
昨今の不況で高校生の就職が例年になく難しくなっているそうだ。アイコン
なかなか内定が出ず、社会との結びつきを失ったまま卒業しなければならない高校生がたくさんいる、と。

 不況は彼等のせいではないのに気の毒だなあアイコン、と思いつつ、登場してくる高校生にやや違和感を感じた。
一人の男の子が言う事には、
「給料の高いとこは競争率が高くなってるので、給料の低いとこを
 狙おうかな、と思います・・・。」です、と。

 違うだろうーーーー。アイコン

 君が給料の高い、低いを言うなよ。
これから働き始めるんだろう、ということは、少なくとも、最初の3ヶ月くらいは、見習いみたいなもんで(職種によってはもっと)言わば、「給料泥棒」じゃないか。
使えなくても大目にみてもらえて、足手纏いになろうとも、一応お金はもらえるんじゃないか。
お金の多い少ないは大きな事かもしれないけど、まずは仕事を覚えるのが優先じゃないのか。
安いとはいえ、その給料に見合う働きが出来るのか。
なんか、言葉の使い方が乱暴だったなあ。
未熟を差し引いても。先生は何も指導しなかったのかな。

 面接で直接口には出さないまでも、そういう考えが透けて見えたら、私が社長ならこの子は雇わない。
絶対に。アイコン

 もう一人の女子は希望を変えて、ようやく内定もらえて喜んでいた。
でもその現場の責任者(みたいな人)は、
「ここは中国から研修に来ている人が多くてみんな技術を覚えるためにものすごく
 必死にやっているけどこういう所に高校生が来て大丈夫かなあアイコン」ともらしていた。

 どういう人でも、社会や新しい環境に入った時は多分何かにつまずいて、多かれ少なかれ、
「こんなはずじゃなかった」って思うものだ。
そういう時に、スタートが
「ここしかなかったので仕方なく」だったのか
「ここだけどがんばって社会人になるんだアイコン」だったのか、がその後の人生の分岐点のような気がする。

 ・・・もっとも、バイト以外はした事がなく、「正社員」になりたい、と人生でただの一度も思った事がない私には解るわけないかな。

 とにかく、今の子は大変なんだな。アイコン
私が二十歳の頃は、不安は多少あったけど、取りあえず「なんとかなるだろう」と思えたし、実際なんとかなっていったしな・・・。
ま、自分の人生、「誰かのせい」「何かのせい」には出来ないかな。
した所で不毛だし。

P.S
 先週末北海道氷点下18度、風を受けて体感温度ざっとマイナス20度以下の中を滑る。
 寒いわ楽しいわ。アイコン
 寒いというより痛い。
 でも雪質は最高♪で、楽しいわ痛いわ・・・。

夏子

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
2010年2月3日

「電気コードからの解放?」
 先日ぽかりと時間ができたので机まわりの整とんをした。アイコン
特にこんがらがっているコンセントやらコードの類いの整理とわたぼこりの掃除(猫ちんがいるからほこりと毛が丸まってロール様に)などを。

 パソコンも、ADSLをあきらめて撤収したのでコードが随分少なくなってすっきりした。
謎の電話線(?、通じてなかった)も撤去。
ISDNを解約したのでファックスも廃棄。アイコン
実はbro××erのファックス機器はインクばっか喰って(しかもカートリッジはかなり高い)使いづらかった・・・
もっともあんまりファックスこないけど。アイコン

 そして固定電話の子機も思いきって捨てる(というよりもうイカレていて充電がされず、ほとんど役にたってないので)。
最初は子機が3個あったんだけど各部屋に親機(4機)もあって、電話がくると当たり前だけど全員鳴るアイコンのでうるさいったらありゃしなかった。
で、寝室の子機を撤去し(これもとうに壊れてたんだけど)、とうとう最後に残っていた机の上の1機も撤去。
子機のアダプターとターミナル(お弁当箱みたいな。それぞれ電源がいる)も必要無くなったのでめでたく撤去。

 撤去、撤去、みーんな撤去。アイコン
わーい、すっきりしたあ。
春になれば足下の電気ストーブもいらなくなるからもっとすっきりするぞう。

 ついでに、月々の電話代も、とうとう3000円をきったのら!!アイコン
ISDNを解約し、ADSLをあきらめた甲斐があったぞうう。
なんせ今迄2万円近かったからね・・・。
節約だあ。

 インターネットは昔ながらのダイヤルアップで利用していて、その間は電話は通じないけど今は携帯電話もあるしね。
全然困った事はない。アイコン
ベッドで寝ながらの長電話も携帯があるし・・・
もっともあんまりかかってこないけどね、30代の時みたいな女友達との、とか。

 ファックスの上はあったかいのか、グリコの場所だったんだけど、今は機器がなくなって空いた場所にポトスの鉢植えがふたつ。
そしてグリコ。
ポトスの緑にシルバータビーのアメショ猫が映えて、なんと美しい事よ・・・。アイコン
(あ、今はココアが場所取っちゃった)

 ちなみに、ピーチとアビは大型テレビの上がお気に入り。
(・・のはず、テレビはかなりあったかい・・・夏はどうすんだ・・・)
薄型なのに器用にバランスをとって寝ている・・・。アイコン

 ・・というわけで机まわりすっきり、気分もすっきりダイエット、でした。
仕事もはかどるはずーーー。アイコン

夏子

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
 
Back No 2019
 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2018
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2017
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2016
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2015
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2014
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2013
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2012
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2011
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2010
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2009
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2008
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2007
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2006
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2005
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2004
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2003
  12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2002
  12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2001
 12月 / 11月
スペース
スペース
(C)ポニーテール企画