塀内夏子オフィシャルWebsite
サイトID
週刊なつこの部屋 最近のなつこ
スペース スペース スペース
スペース 最近のなつこ
なつこの本
なつこのぷれみあ本
ギャラー



ギャラー
マンガonウェブ


ギャラー
Amazon
スペース
スペース
スペース

『マンガonウェブ』のページが開きます

『Amazon』のページが開きます


2018年5月24日

「愛と誠…」

 原稿紛失の件。アイコン
まんだらけでオークションで400万円で落札されたそうな。
う〜ん、まんだらけがらみでは時々この手の話聞くけど、今回のはちょっとひどいな、と思う。
紛失の顛末は、どうも出版社に分が悪い。

 原稿を借りて、返したかどうかわからない、と。
その時所在がわからなくなった可能性がある、40年も前に行方不明になった原稿が今頃オークションに出てびっくり、と。

 …………びっくりしたのはこっちだ!!
よくまあシャーシャーとこんな無責任な事言えるなあ…。

 当時の当該編集者はもういないだろうね。
でも何となく想像つくんだわ。
ずぼらな編集さん、っているから。
それどころか「もう何十年もたっちゃって今さら返せないから…」とかのケースも。
確かに編集さんだって忙しいんだけど…。
(もちろん忙しくない編集さんも。ほら、大き目の会社によくいるらしい「働かないおじさん」とか)

 私も一度だけ原稿紛失されたことある。アイコン
(実際はただの紛失よりももっとタチが悪かったのだけれど…)
その時も特に誰も責任は取らなかった。
私もさほどは追及しなかった。
しばらくしてから原稿を預かる際には書類に捺印、するようになった。
それを面倒くさがる漫画家さんもいる…
私か…苦笑。

 なぜ今回の原稿がまんだらけに出品されたかは不明だそうだが誰かがどこかで手に入れたことは間違いないだろう。
「盗品であることは知らなかった」という言い分は悔しいけど法的にはクリアだ。
そして、こういう場合責任は漫画家自身にある、らしい。(過去の判例で)
「知らなかったはずはない」という証言の「証明責任」は漫画家側にある、と。アイコン

 自分の原稿は自分で管理、保管しなければならず、もしも盗まれたのなら漫画家の方の怠慢、となるそうな。
原稿貸し出したら「返して」と漫画家の方から催促しなければならない。
民法(?)では借金は5年催促しないと無効になっちゃうらしいし。

 それは杓子定規に当てはめればそうだけど…。
でも連載中の漫画家はホントに忙しいんだわ。
原稿が第一。
ついつい、雑用は後回しになってしまうもので、そこを責めますかね?
(法的には、ね。でもさ…)

 しかし、「愛と誠」だよ。アイコン
70年代の少年漫画の代表作だよ。
大傑作だよ。
原稿を見ればわかる人はわかるけど、作者のながやす巧先生は背景も含めてほぼすべて自分でペンで描いてるんだよね。
当たり前の話?
とんでもない!!
アシさんなしで週刊連載はまず不可能だわよ!

 でもながやす先生がアシスタントを使わないのは有名な話だった。
わずかに奥様が手伝う程度、らしいと。
(一度だけお会いできたことがあるんだけどこの奥様が美しいのだわ…♪)

 これはすごい事なんだ。
当時も今も、有り得ない話で。アイコン
このクウォリティの高い絵を、一人で?!
ガムコも三下のスケバンもヤクザも石屋のおばあちゃんも!!
噂話する奥さんも通りすがりのサラリーマンも!!!
小鳥を届ける配送のお兄ちゃんまで!!
さらに背景も、モブ(群衆)も、メカも?!
すべて、すべてながやす先生のペンだ!!!
そして流れる黒髪の美しいベタも、迫力あるトーンの削りも…
すべてすべて…。
一分のスキもなく美しく…
この完璧な劇画…
どれほど10代の頃憧れただろう。
もしもその時生原画を見る機会があったなら私はきっと感動でショック死していただろう…。

 もっとも、すべてながやす先生のペンだからこそこのクウォリティなんだろうね。
するとどうなるか…
睡眠時間を削るしかないんだろうな。
(4年間にわたる連載中に、ながやす先生はまともに眠ることはなかったそうな)

「愛と誠」は超人気作品だった。
私も中学生だったが大好きで、毎週毎週本当にワクワクして、楽しみにしていたものだ。アイコン
運よく雑誌が火曜日に手に入ろうものならもう狂喜乱舞、スキップ踏んで夢心地だった…。
あんなに愛した漫画は数えるほどだ。

 斯様に人気作品だったから落とすワケにはいかないだろう。
実際、私の記憶では落とすのはもちろん休む事も一度もなかったと思う。
GWやお盆の合併号もない時代だ。
「命がけ」で描かれた原稿だろう。
「命がけ」ってこういうことだ。
昨今の、普通に毎週減ページしてる漫画家は見習うべきだ。

 どれほどながやす先生が忙しかったか、漫画家でなくても想像できるでしょう。
まして編集者は、わからなければ失格だ。
非は借りた原稿をきちんと返さなかった編集部にある。
「まんだらけのオークションで落札しないで」なんて頼むなんて見当違いだ。
責任持って400万出して買い上げて、きちんとながやす先生の手に返すべきだ。
思いやってほしい、命がけで描いた原稿がどこの誰かもわからぬ人間の手に、場所に渡り、永遠に(わが子に)会えなくなる絶望を。アイコン
本当に、少年マガジンは買い戻してながやす先生に返してあげて!

 当該の編集者の名前は出てこない。
組織の一員だから個人名は出てこないというならその組織が、出版社が責任をとるべきだ。
とらなかったら組織全体の印象が悪くなっちゃうよ。
誠実な人だってたくさんいるのに…。
まんだらげも、もし怪しい出品作があったのなら当の作者や出品者になにがしかの確認をとるようにするべきだろう。

 そして漫画家も、自分の原稿は自分で管理しなくては、ね。
(これがまた気が遠くなるほど面倒で…トホホ)

 

PS.
「アメフト」の件ね。
 久しぶりに謝罪らしい謝罪会見を見た。
 あれは「謝罪」というより「告発」ね。
 試合で退場直後には泣いたという彼が会見中一度も涙は見せなかった。
 むごいけどすがすがしかった。

 

夏子

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
2018年5月17日

「百名山ことはじめ」アイコン

 百名山を登り始めたのは2003年、だからかれこれもう15年!!経っちゃったわけ。アイコン
全部登り切ったのは2007年だからそれだってすでに11年過ぎていて…。
はあ〜、月日が経つのは速いもの、とはよく言ったものですね。
時々、おまけ漫画や山と渓谷とかで百名山にまつわるエピソートを描いたけど、そういう時に選んでいたのは印象深い山だったりダイナミックな3000m峰だったりするので、割と低い山やしょぼい山行(笑)は特に漫画にはしてなかったのよ。
いつかまとめて記したい…とずっと思っていたのにエピソートが大した事ないものは後回しになっちゃっていて。アイコン
でもこのままではきっと描かない…ということは一生描かない、それはあんまり淋しいわ、と言う事でこのHPで少しづつ、できるだけ描こうと決めたワケ。
でないとこまごまとしたエピソートとか忘れちゃうからね…。

 というわけで第一回は記念すべき百名山ことはじめ、の筑波山!アイコン
もちろん登るまで筑波山の名前も存在も知らず、本当に、最初の一歩、一登。
記録によると、登ったのは2003年5月10日、ちょうど今くらいの風薫る初夏、だったんでした。…

筑波山

筑波山

筑波山

夏子

 

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
2018年5月10日

「イチロー……」

 もう(日本の)野球にまったく関心がなくなって久しいけどメジャーリーグはよく見てる。アイコン
ちょうど朝起きる時間にBSで中継してるし、何たって日本人が活躍してるし。
いい選手はみんなメジャー行っちゃうしね。
見るのが楽しみになって20年近くたつのかな。
野茂からだろうか…
あれはすごかった…。
日本の選手よりホームラン狙ってくるのでぶんぶん振ってくれて、(被本塁打は増えたかもしれないけれど)おもしろいように三振が取れて豪快だった。
「サンシーン!!!」ってね。
懐かし…。アイコン

 これでも80年代は日本の野球、西武ライオンズとか好きで所沢や東京ドームにも連載の合間をぬって応援に行ってたんだよ。
日本シリーズは楽しみだったしテレビ中継がない好カードの時はラジオで聴いて。
ニュースやスポーツ新聞も必ずチェックしてたものだが…
それも一通り飽きた。
ロッテも優勝したしね。笑。

 で、今の楽しみはやっぱり大谷ですね。アイコン
特別二刀流には思い入れはないし記録も大してこだわらないけれど出場機会が多いから。
だって三振取るだけじゃなくてホームランも打つんだから。
漫画みたい、って言われるけどきょうび、漫画でもないよ!
おまけにビジュアルも可愛いときたら…
見ない理由もなく。

 しかし、イチローの件。アイコン
あの契約はないだろう…。

 あれを提示した球団も残酷だし受けたイチローにもびっくりを通り越してなんか哀しいわ。
あのプライドが高いイチローがなんで…。

 そしてそれを好意的に報じるスポーツニュースにも違和感を感じる。
辛口の張本サンですら遠慮がちに…。
てっきり「喝!」でも入れると思ってたよ。
何か、みんながみんなまるで腫物に触るみたいにまるでオブラートにくるんだような口調で、「これからの活躍を期待したい」とか「まだ引退ではないし」とか。
当の本人も…。

 可能性があるならまず「今年」でしょう。
今年が「戦力外」なら来年はもっと厳しいでしょう!
シーズンが始まったばかりなのに…。
何も、あんな契約を提示することないのに。アイコン
いっそ「自由契約」(って言うの?)の方が温情だと思うよ。
可能性なら他球団でしょうに…。

 試合に出ることはない、でも練習はできるしチームに帯同して、もちろんユニフォームも着れる…なんて。
何の為の練習?
ユニフォーム?…
選手は試合に出てナンボでしょう…。
ましてイチローみたいな、打席が多ければ多いほどリズムに乗ってくる選手にとっては…。
本人が一番よく知っているだろうに…。アイコン

 メジャーリーグってもっと厳しいものかと思った。
あの松井秀喜ですら、最後は…。
(松井の引退は見事だった。泣けてきたものだ。あれこそサムライ、だよ)
言葉は最小限、でも語らずとも伝わる思い…
「男気」と申しましょうか…。

 ま、来年の開幕戦のため、のようで。
その時だけ選手登録するみたいな情報も漏れてくる。
それを引退の花道に、セレモニーを取り仕切るのかな。
それだったらその時に呼べばいいものを、今、こんな形で、練習だけしてるイチローみると、というか見ていられないのだけれど…。
いっそスーツを着てくれていた方が…。

 しかしテレビのインタビュアーもよく「大谷と対戦したいですか?」なんて聞けるよ。
(それもすごく温かい口調で)
今年はもう試合出られないのに。
来年の話なのかな?
それもおそらくものすごく可能性低いというか有り得ないって思うんだけど…。
聞かれたイチローの心境を想像すると…。アイコン
それでも務めて冷静を装って(?)コメントしてたけど。
どうして…
どうして…。

 そりゃ来季の可能性を信じているから、に違いないのだけれど…。
でも球団の、「温情」などなくてもイチローのキャリアに変わりはないだろうに。
イチローをリスペクトしている、というなら潔く「介錯」をすべきだ。
そうして、後輩に唯一無二の「背中」を見せて、イチローは揺るぎない「伝説」として完結するのではないのか?…

 ああいうの、(球団の)「おためごかし」って言うんじゃないの?
(ちなみに「おためごかし」を辞書で引くと、相手のためにするように見せか
 けて実は自分自身の利益をはかること、ですって。)

 いっそ「浪人」の方が「サムライ」っぽかったのにな。
(私の中でのサムライ、は「滅びの美学」なんですけどね…)
その方がむしろクールだったのに。
やけに冷静なコメントやいつもより多い笑顔がひとしお寂しかった…。 アイコン

 

夏子

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
2018年5月3日

「メンバー……」

 ○○メンバー、って聞いてすぐ「あ、あの事務所で誰かやらかしたな」と思った。
なんだってNHKまでそろって全局「○○メンバー」ってアナウンスするのかね。
普通に「○○容疑者」って言えばいいものを。
これもあの事務所への忖度ってやつかな…。アイコン
誤解を恐れずに言うなら私は加害者被害者「どっちもどっち」だろうか。
(8対2くらいかな、もちろん男が悪い方)

 例えば。

 歌舞伎町とかで、深夜に露出の高い服着て痴漢にあったら、もちろん悪いのは痴漢をした方で、法的には問答無用でアウトだよね。
エロい服を着てたからって痴漢していいわけがない、誰にも好きな服を着る権利があり、それは守られるべきだ、という言い分も法的には当然だし…
法的には。
でも私はそういう場所で露出の高い恰好はしない方がいい、と思ってる。
(大昔、新宿駅でノーブラでタンクトップで歩いたら思い切り前から胸触ら
 れた。
 その時自分が悪いと思った。
 今でもそう思っている。
 もちろん悪いのは痴漢の方なのもわかっているけど。
 それにすごく恥ずかしかったな、痴漢に遭った事自体が。)

 だって世の中の人間がすべて法を順守するとは限らないし、まして酔っぱらったスケベ男なんて盛りがついた犬と同じじゃん。アイコン
猫にお預けができないように、もう本能というか反射、のレベルなんだろうね。
そういう状況でスケベ男に「理性」なんか期待しちゃいけない。
まして「法令順守」なんて。笑。
「そんな服着てる方が悪いんだ」
「俺に触ってほしいんだ」
とか自分に都合のいい理屈を振りかざされても腹が立つけど。

 隙を見せた女性が悪いのか?もちろん悪くなんかない。
でもその隙をついて来るヤツが存在するのも現実なんだわ。
警戒はした方がいいに決まってる…。
野良犬の前でエサを見せるようなふるまいはおろかではないか…。

 だからその「○○メンバー事件」の被害者のお嬢さんが、もし知人の娘さんとかなら私なら「夜10時過ぎて酔っ払いの部屋行っちゃいけないよね。うかつだったよね」
と言うだろうな。
でも相手は「野良犬」じゃなくて「アイドル」だからね…。アイコン
ましたファンだったら、なかなかNOは言いづらいよね。
そこらへんの足元を見て狙っていたならちょっと卑怯かな。

 でも「普通は」アイドルタレントから電話はこないよね。
テレビ出演で知り合ったのなら少し「特別な」お嬢さんだったんだろうね。
事務所などに所属しているかとかは不明ですが。
少し「特別な」いい気分でいたかな、芸能人に呼び出されて。
それも仕方ないかも…
10代のお嬢さんでは。アイコン

 その「特別な」張本人、ここぞとばかり日本中から総バッシングをくらっているその○○メンバー氏。
私はファンでも何でもないので怒りも驚きもなくて、ひたすら「哀れ」に思う。

 だってこの人、小さい頃からアイドル一筋だったんだから。
ひたすら「ちやほやされる」人生だったんだから。
常に「特別な」存在で、特別であることを強いられ、その恵みを享受して…。
「普通」でいられるわけがない!
もう40過ぎだったんだ、結構いいトシになってたのね。アイコン

 もっとも、「アイドル」だからね。
あの事務所の、筋金入りの正真正銘のアイドルだから。
「キャー!」って言われてナンボ、の人生だったんだから。
女性にもててもててもてまくって。
歩いただけでキャー!だったんだから。
特別な人間だったんだから。
「若さ」はもちろん少々の危なさやワルっぽい部分も魅力、な職業だからね。
オーラ、というか…。
だって分別臭いアイドルなんて、むしろ変じゃない?
そういうスタイルでずっと生きてきたんだから。
40過ぎても変えられない、っていうのはグロテスクを通り越して「哀れ」に思うよ。

 「アイドル」は等身大じゃない。
自分が思うよりはるかに大きな蜃気楼みたいな自分が在る。
本人にとっては「現実」。
でも女の子から見たらそれは「非現実」の世界。
その「境界」は超えちゃいけなかったね。
アイドルは夢の中でだけにしておけばよかったのにね。

 ま、お酒の治療で入院して、退院したその足で泥酔したっていうんだから立派な「アル中」ね。(本人否定してたけど)
そこも哀れだわ。アイコン
この先のさらなる治療と贖罪を想像するとさすがに可哀相な気にはなる。
正真正銘の自業自得ですが…。
そこまで「お酒」自体が好きなのか、
それともストレスから逃れたくて酔いたいのか…
まあ芸能人は並みのストレスじゃないよね。

 しかし違和感を感じるのはあの事務所、何をしてたんだろうね?
あれだけスマップとかには厳しく処して、しまいには消滅させちゃったのに。
なんで誰も「こういうコトをしたらこうなる」って教えなかったのか…。
せめて「未成年はダメだよ」とか。
一応「アイドル」じゃないですか。
アイドルで事務所はごはん食べているのに…
自分たちの危機管理、怠っていたとしか思えないわ。
そっちに怒りと疑問を感じるわ。
普段は「親代わり」なんて耳障りのいいコト吹いてるクセに…。

 ま、もともとこの事務所のタレントに夢中になる年代ではないのでどうでもいいっちゃどうでも。

…ひんしゅくを覚悟で言うなら、「謝罪する男」というのは私的には「萌」でした。笑。
ついでに「男性の涙」もきらいじゃない…。アイコン
(もちろんみっともないのは百も承知ですが)
へえ、こんな表情するんだ、ある意味新鮮なのよね。
ほら、「泥酔全裸事件」の時の草薙君もね、あの時ちょっと新鮮でした。
かといってファンになったわけではありませんが。
どうでもいいか!そんなこと。

 

PS.
 10代の頃、たまたま「アイドル」を辞書で引いたら「怠惰」と出ていてなる
 ほど、アイドルなんてのはしょせんくだらないものなんだ、と漠然と納得し
 た記憶がある。
 くだらないけどなんとなく魅力的な、みたいな。
 さっき、もう一度辞書引いたら「怠惰」は「idle」の方で、いわゆる「アイ
 ドル」は「idol」で、「偶像」とかの意味でした。アイコン
 語源はラテン語の「イコン」ですって。トリビア。
 あれ!
 そうだったんだ!
 長い間の誤解が解けた!
 …どうでもいいか。笑。

 

夏子

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
 
Back No 2017
 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2017
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2016
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2015
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2014
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2013
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2012
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2011
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2010
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2009
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2008
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2007
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2006
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2005
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2004
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2003
  12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2002
  12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2001
 12月 / 11月
スペース
スペース
(C)ポニーテール企画