塀内夏子オフィシャルWebsite
サイトID
週刊なつこの部屋 最近のなつこ
スペース スペース スペース
スペース 最近のなつこ
なつこの本
なつこのぷれみあ本
ギャラー



ギャラー
マンガonウェブ


ギャラー
Amazon
スペース
スペース
スペース

『マンガonウェブ』のページが開きます

『Amazon』のページが開きます


2012年10月23日
 ここ数年プロ野球に興味がなくなっていたので新聞で読んだだけなんですけどね。
花巻東高の大谷投手がメジャー志望を表明、という記事を読んで・・・。アイコン

 日本人投手が何人もメジャー入りして活躍しているのをもう子供の頃からテレビで見ていればメジャー志向も当然といえば当然でしょうね。アイコン
(サッカーじゃ普通だし。)
違和感を感じたのはDeNAの中畑監督の「残念、日本球界に恩返しする気持ちを持ってほしかった」(注・抜粋)ってコメント。
そうは言ってもさ・・・。アイコン
それと、「おやっ」って思ったのは花巻東高校監督の「以前(菊池投手の時は)日本球界に在籍してる自分自身を守るために日本球界入りを勧めたんだけど」ってコメント。
へえ、ここまで言っちゃうんだ、本音を。
しかも記事にのせたのね、読売新聞が・・・ってちょっと意外な驚き。
はっきり言って内容はうんざりだけど。

 読売新聞はやや深刻な(批判的、というほどじゃない)論調ですね。
それにしてもいくらメジャーも注目する超高校級投手とはいえ一介の、アマチュア選手の記事をここまでたくさん紙面をさくものかしらね。
そこも違和感。アイコン
まあそれほど日本球界にとって(新聞社にとって?)大きな問題ではあるのでしょうが。

 なんとなくおかしかったのは、紳士協定とかドラフト協定とかいろいろしがらみや「掟」みたいなものがあってぶつぶつ言いながら、「でも職業選択の自由があるし・・・」っていうところ。
ぷふっ。
そこ、一番ヨワいとこでしょ。
というか選手にとっては一番強い、というか当然の権利というか。
(もっとも完璧に守られているわけではないけど)

 だいたい「紳士協定」つうのもヨワいよね。
米国っていう裁判の国、法にのっとって、とことん権利を主張する国にそれは通用しないでしょ。
で、そろそろ法律を作らなきゃ、っていう論旨の記事でした。
でもWBC問題の時もそうだったけど米国有利の法律になっちゃいそうな心配も・・・。

 お金のない球団が「選手をみんなアメリカに取られてしまう!アイコン」って嘆いていたけど。
でも、レベルも上(日本もいいセンいってると思うけど、野球は)で報酬もケタ違いならば選手に行くなという方が無理というもの・・・
う〜むそのへんはJリーグも同じか・・・。

 当の大谷選手にはあらゆるオトナが「(メジャーを選ぶと)大変なことになる」とか「ツブシがきかなくなる」とか不安をあおるようなありとあらゆる事を言ったと思うのよ。
それを越えても行きたい、という本人の意思を尊重すべきだなあ、と。(したのよね)
本人の人生だしね。

 心配なのは18歳のオトコノコ、いままで野球ひとすじ、まだまだ子供かなあ、と思うところ。
ちゃんと食べてるかなあ、言葉は・・・ってまるでおっ母さんかい。笑。
サッカーのキングカズ(笑)は16歳でたった一人でブラジルへ渡ったのよね。
その時、ひとりぼっちで寂しくて、日本のGFに手紙を書こうとしたらわからない漢字があって日本の辞書を引いた、という・・・。アイコン
中澤ボンバーもいつかプロになることだけを夢みて寂しさに耐えた、と。
(気がついたらポルトガル語がしゃべれてたという・・・)

 がんばれ、男の子。アイコン
何年か、かかっても初志貫徹して、バッタバッタと160キロピッチングでメジャーをきりきり舞いさせてほしい。
そうすれば制度も変わるかな。
肉ばっかりじゃなくて野菜も食べろよ!アイコン
歯もみがけよ!
ビバノンノ!
(カト茶?!)

P.S
 巨人のマスコットのジャビット(だっけ?)君、いつも泣いてるみたいに見える。
「ウサギ」は弱そうだし。

夏子

 

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
2012年10月18日
「あたしのアサガオ」

あたしのアサガオ
あたしのアサガオ
あたしのアサガオ

夏子

 

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
2012年10月11日
「猫つれづれ」

猫つれづれ
猫つれづれ
猫つれづれ

夏子

 

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
2012年10月4日
「Foot!まにあ!」

Foot!まにあ!
Foot!まにあ!
Foot!まにあ!

夏子

 

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
 
Back No 2017
 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2016
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2015
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2014
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2013
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2012
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2011
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2010
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2009
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2008
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2007
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2006
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2005
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2004
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2003
  12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2002
  12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2001
 12月 / 11月
スペース
スペース
(C)ポニーテール企画