塀内夏子オフィシャルWebsite
サイトID
週刊なつこの部屋 最近のなつこ
スペース スペース スペース
スペース 最近のなつこ
なつこの本
なつこのぷれみあ本
ギャラー



ギャラー
マンガonウェブ


ギャラー
Amazon
スペース
スペース
スペース

『マンガonウェブ』のページが開きます

『Amazon』のページが開きます


2011年12月28日

「ガンソとチョコフレーク」アイコン
 世界最強クラブのバルセロナが南米代表のサントスをけちょんけちょんにたたんでしまったクラブワールドカップも華やかな思い出となった年末。
私が等々力で見たサントスの思い出などをひとつ。

 先週の続き。
サントスが試合2日前の練習で等々力競技場にやってきた時の事。
サントスの選手や報道陣の為に広報のアマノ君がお菓子やらバナナ・コーヒーなどをラウンジに並べて持て成しをしていたのですね。
そしたらみんな気持ちよくそれをいただいているようでした。アイコン

 中でも10番のガンソ君、「モリナガのチョコフレーク」がえらくお気にめしたようで・・・。アイコン
(他にもキャンディーをわしづかみにしてポケットに入れたり)

 練習を終えて着替えた後もラウンジにもどって来て、
「これはもっとないのか?」とチョコフレークの箱を手に職員に聞いてまわっている。
「もうないの?」
「ないの??アイコン
うろうろ聞いてまわり、「残念ながらもうない」と言われて仕方なく(?)空き箱を手に記念写真撮ってたりしてた。

 そんなにモリナガのチョコフレークが気にいったの!?!?!?
コンビニとかで買った、普通のお菓子だよ?!?!?!?アイコン

 ・・・気にいったようなのだ。
年間4億円を稼ぐ今をときめくフットボーラーがモリナガのチョコフレークを!

 ・・・きっとブラジルにはそういうお菓子ないんだろうね。
チョコフレークは確かに美味しいもの。
あの微妙で繊細なほどよいチョコの甘さ、後をひく軽さ、コーンフレークにチョコまぶしただけなのに、確かに他にない美味しさだよなあ。
子供の頃新発売のこれを食べた時の感動ったら・・・。
今はもう食べる事はないけれど。・・・
それに外国のお菓子、ってひたすら甘いだけとか、でかいだけ、とか「子供だまし」多いよね。

 (先週の)ネイマールのエピソードでも、聞くところによると彼はただの色紙や写真にはほどんどサインをしてくれず、ほんの数枚(その内の2枚は私の描いた絵とそのコピー)だけだったと。
アマノ君曰く、
「やはり絵は目を引いたようですっアイコン」と。

 チョコフレーク同様、漫画(しかも劇画タッチみたいな絵)もブラジルにはないんでしょうね。
おそらく日本だけの文化なんでしょう。
日本だけが、「子供のために」「子供が喜ぶものを」創り出している。
だから彼等が、「少年のような」サッカー選手が好きになってくれたんでしょう。
推測ですけど。・・・

 で、こんな感じだったんですよ。 アイコン

ネイマール

 ネイマールもお菓子むしゃむしゃ食べてました。
この漫画の原画はカラーにして
セイユーで買ったチョコフレーク4個に付けてガンソ本人にプレゼントしました。
(ネイマールの絵を一緒にアマノ君経由でサントスの人に託して)
ちなみにフロンターレのある職員さんも、横浜での決勝戦でガンソにチョコフレークを差し入れして、ガンソ君大喜びしてくれたそうな。

 で、追加で描いたネイマールの絵がこれで。

ネイマール
ネイマール

 頭部がきれてしまったのでトレードマークのモヒカンが描けなくて、ちょっとネイマールっぽくなくなっちゃったけど・・・。
海を渡りブラジルへ。

 そんなこんなのクラブワールドカップのエピソードでありました。アイコン


P.S
 先週2シーズンぶりに北海道へスノーボードに行く・・・
 ゲレンデコンディションがよかったので快適な滑りを満喫・・・
 トシがいもなく。
 へっへ。アイコン

夏子

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
2011年12月21日
「クラブワールド杯」アイコン
 ・・バルセロナ対サントス、一方的な結果になっちゃったけど「メッシ対ネイマール」はやっぱり華やかでおもしろかったですね。
さすが、としかいいようのないバルサに
「こんなはずじゃ・・・」って表情のネイマールが印象的だった。
「クラック」「ブラジルの宝石」「19才で15億円稼ぐ」etc.・・・。
様々な形容詞が並ぶ「天才」が初めて(か?)見せる19才らしいたたずまいは可愛かった・・・。。

 試合はともかく・・・。

 実は金曜日、等々力にサントスが練習に来ていて、私も見せていただいたのね。アイコン
(邪魔にならないように隅っこで・・・椅子並べるお手伝いとかしながら。笑)
行く前に、広報のアマノ君から
「塀内さん、ネイマールの絵描いてくれない?」って言うので
「喜んで!アイコン」って描いて持って行ったわけ。
「これにサイン入れてもらって等々力に飾りたい」そうな。

 ・・・で控え室のそばでスタンバイして待っていて・・・。
で、サントスがやってきた。もちろんネイマールも。
すぐそばで見るネイマールはテレビで見るよりずっと小柄で細く、綺麗だった。
(野生の美、黒豹とかピューマとか、ってイメージ)
さすがブラジルのジョイア(宝石)・・・かくも輝くものか。アイコン

 その日は前々日練習で公式会見はしなかったのね。だから残念ながらサインは
入れてもらえなかった。でもサントスの人が、「ホテルで彼に頼んであげる」と持って行ってくれて・・・。

 そしたら。

 何でも、ネイマールがサインを入れたくない、と言う。アイコン
サイン入れないでこの原画をほしい、と。
あわてたアマノ君(電話で)
「それは等々力に飾るので、塀内さんに頼んでもう1枚描いてもらうから」

「喜んで!!!」アイコンアイコン

 あの今をときめくブラジルのジョイアが私の絵をほしい、と。
1年で15億稼ぐ19才の天才フットボーラーが私の絵を・・・。。

 絵描きとしてこれ以上の喜びが他にいくつあるかなあ?

 ・・・んで描きましたよ。アイコン
バルサ戦見ながら。
・・・んで出来ました。もう魂こめました。
我が生涯、最高の出来じゃないかな?しかも大迫力のB3サイズ。
パナソニック、WOOOO!だよ。
夕べほぼ出来たので朝もう一度見直して、それで自分用のコピーとデータ取ってもらって、それでしばらく「我が子」眺めていました。
自分で描いておきながらいくら見ても見飽きなくて・・・。
幸せで。。アイコン

 ・・・描いてる間中ずっと幸せだったなあ。。

・・・・・・・・・

 で、さっきアマノ君に渡してきたのでもう手元になくなっちゃった。
そしたらすごく寂しくなった。
もう「あのこ(絵)」には一生会えないんだなあ。
わかっていたけど、もう会えないんだなあ。アイコン

・・・・・・・・・

無事ネイマールの元に渡るといい。
そしたら彼がまだ小さい自分の息子や親しい友達に、「日本の人に描いてもらった自分の絵だ」と言って見せてあげるかな?
絵を喜んでくれるといいなあ。
私を幸せにしてくれたように、彼を、家族を幸せな気持ちにしてくれますように。

 手放して寂しかったけれど、そんな風に想像とかできるんだから、やっぱり幸せだったんだな。
今もね。 アイコン


P.S
 で、これがその絵(1枚目の方)であります。
 ネイマール本人のサインが入った原画は今等々力市民ミュージアムでやってる
 フロンターレ展で展示してあるそうなのでお近くの人、ぜひ。
 自分で言うのも何なんだけど原画の迫力はなかなかですよ。
 (私の手元にはサインの入ったコピー有り))

ネイマール

P.S2
 ・・もういっちょ、ネイマールと絶妙のコンビネーションを見せる今を
 ときめくサントスの10番、ガンソのゆかいなエピソートもあります。
 それは来週に・・・・。アイコン

夏子

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
2011年12月14日
 連載終わって10日ほどたつというのにまだなんかぼうっとしてます。アイコン
来年2月発売の8、9巻用の表紙とかおまけ漫画とか描いてるんだけど・・・。
「まだ日にちに余裕があるのでゆっくりでかまいませんよ。」と編集さんに言われてまあ、ゆっくりとは描いてるんですが。

 なんかペースが狂っちゃう。アイコン
今迄は原稿の合間にざざーっと集中して半日とかで仕上げてたのに2、3週間かけてもいい、と言われても・・・。
取りあえず3日くらいかけて一通り描いたのだけれど、
「もうちょっと見直したい」と編集さんに言ってまだ手元に残してある。

 それでも結局もう描き加える箇所もほとんどなく、もう一度見直して今日渡します。
おまけ漫画の方は明日アシさんがくるので仕上げしてもらうのでまだアップしてない。
宿題を途中までしかやってなくて、でも提出日はまだで・・・って感じでなんか気持ち悪い・・・
すっきりしない・・・アイコン
いつものようにイッキで仕上げて編集さんに渡しちゃえばもう終わり!って方が「やった感」があるのになあ。
う〜、ペース狂う・・・。

 つくづく仕事ってリズムよね。アイコン
どんなに忙しくてもリズムがあればペースがつかめてほっとするのにな・・・。
(忙しい中にも・・・)

 ぼちぼち次に頭を切り替えなくては・・と思いつつ、ちょこちょこやってる欧州サッカーとか見ちゃうのよ。
これがまたいいカードやっててさ。
クラシコとか。アイコン

 クラブワールドカップも、そんなに楽しみにしてたわけじゃないけどいよいよサントス(ネイマール!!)とかバルサ(!!!!)とかが来日して来た!となるとなんか心が落ち着かない!!
メッシがプジョルが、あのバルサ!!!が横浜とか東京に居るのかーと思うと気もそぞろ!
ウソー!!って感じ。アイコン
バルサそんなに好きじゃなかったのに・・・・
(レアルの方が好きかな、イケメン多いし)。
さっき用事で渋谷行ったけど、もしもセスクとかが歩いていたらどうしようアイコン!なんていらない心配をしてました(笑)。
セスクのファンでもなクセにね。

 まあ、忙しかったんだからしばし、年末の喧騒の中サッカーにひたるのもいいわよね。
(わよね、って女言葉!・・・女だろ!)
仕事じゃなく、純粋にサッカーにひたる・・・
それも幸せよね(女言葉)。 アイコン


P.S
 いいトシしてネイマール♪〜。アイコン
 韓流ファンを笑えない〜。

夏子

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
2011年12月7日
 Jリーグは柏レイソルの優勝で終了しました。
J1昇格1年目で、ガンバとかグランパスの猛追を退けての優勝はかなり見ていて気持ちのいい結果でした。
なでしこも(なんと)W杯優勝(!!)するしサプライズの多いシーズンだったと思いますね。アイコン
(震災もあって・・・)
仙台の健闘もさわやかだった。

 で、フロンタは・・・
あれれえ??の8連敗(9だったか?)で前半しっかり上位をキープして内容もよかったのに、なんで同じチームがこうも変わるのよ?!って不思議で・・・。アイコン
広報のアマノ君曰く、
「やっぱりメンタルなんですっ。負けが続くと勝っていてもまた逆転されるんじゃ
 ないか、とか悪いスパイラルから抜けだせず、どんどんとぬかるみにはまって
 しまって・・・。」

「御払いしたら?」
「それもしましたっ。でもそれでも負けちゃって、応援に来てくれた宮司さんが
 責任感じちゃってっ・・・」
「あららアイコン・・・」

 ほんとにほんとに負け続けたなあ、今年のフロンターレ。
いくらなんでも今日は勝つでしょ、と楽観してると(根拠もないのに・・・)また負けて・・・
今日も負けて明日も負けて・・・
今節こそは、と信じて(根拠もなく・・・)また負ける・・・。アイコン

 具体的にはやはり負けてくるとDF陣はどんどん下がってしまう、そうなると中盤との距離が開き、スペース(穴)が出来てそこを突かれてしまい・・・
と悪循環に陥り、またどんどん負けていくと。
そんな事は選手も重々解っていると思うんですよ、解っていても思うようにはいかなかったんでしょうね。
単純なようで難しい・・・
サッカーのおもしろさというかイライラするとこというか。アイコン

 でもJ1にすっかり定着して、降格とは無縁、上位で当たり前だったここ何年かのフロンタ、それに大きく貢献していたのはやっぱり「ジュニーニョ」の存在だった(うう、過去形!・・・)はず。
来年からはそのジュニがいないのよ。
どうなっちゃうんだ、フロンターレ!?アイコン

・・・今年以上にストレスのたまるシーズンになっちゃうんだろうね。
でも負けずにがんばってほしい、レイソルや仙台ががんばったみたいに。
海外クラブは札束がモノをいってるみたいでイヤーな感じも強いけどせめてJリーグは、私達のリーグは、がんばった人が輝ける、当たり前の健全さを保っていってほしいです。
今年みたいに。 アイコン


P.S
「コラソン」無事最終回を迎えられました。アイコン
(実は一箇所ネームが抜けていた!!とほほ・・・。)
 第7巻は今日発売、第8、9巻は2月に2册同時発売です。
 よろしく。

夏子

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
 
Back No 2017
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2016
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2015
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2014
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2013
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2012
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2011
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2010
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2009
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2008
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2007
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2006
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2005
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2004
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2003
  12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2002
  12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2001
 12月 / 11月
スペース
スペース
(C)ポニーテール企画