塀内夏子オフィシャルWebsite
サイトID
週刊なつこの部屋 最近のなつこ
スペース スペース スペース
スペース 最近のなつこ
なつこの本
なつこのぷれみあ本
ギャラー



ギャラー
マンガonウェブ


ギャラー
Amazon
スペース
スペース
スペース

『マンガonウェブ』のページが開きます

『Amazon』のページが開きます


2004年9月29日

 先日マガジンに「世界史がきらいだった」と書いたら、いろんな人から「世界史がきらいだったんですか、うんぬん・・・」とやたら言われた。アイコン
きらいだったのは高校の時までで、今は大好きです。
念のため。
でも今年の1月から連載用に世界史(中国史)の勉強始めた時は、黄河と長江の場所の確認からやったな。
ちなみに地図の上にあるのが黄河で下が長江。
常識か?・・・。
河、といえば黄河をさし、江、といえば長江をさす。
河北、といえば黄河の北をさし、江東といえば長江の東の地帯である。
ついでに湖、なら洞庭湖をさし、山といえば泰山をさす、そうです。
勉強になるねえ。アイコン

 高校の時世界史がきらいだったのはその時の先生がきらいだったんだよね。
授業がお笑いみたいにおもしろいわけがないんだけど、それにしてももう少しましな授業をしてほしかったな。
なんかひとりよがりでさ。
本来なら歴史はすごく興味深いものなのにね。
だから成績も10段階で4だったかな。
赤点スレスレ。 アイコン
あたりまえか。はっはっはー。

 ああ、大人になってよかった。アイコン
もう好きなことは自分で選択して好きなだけ好きなやり方で学べるんだから。
でも先生も大変だよね、やる気のない生徒を相手にさ。
ストレスも溜まろうというものか。
でもあんたが選んだ職業なんだからね。
仕方ないねっ。
(やっぱり先生ってきらいだな・・・ごくわずかを除いて)

P.S
 ちなみに編集部では誰も私を先生とは呼ばない。
 上等。

夏子

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
2004年9月22日

 連休に屋久島に行ってきました。アイコン
宮の浦岳に登り、一泊して下りで縄文杉を見てアニメの「もののけ姫」の舞台になった白谷雲水境の森を通ってきました。

 屋久島は雨が多いので覚悟していったんですが幸い登り始めに少し降られただけで、あとはかなり晴天にめぐまれました。
ラッキー♪アイコン

 朝日を浴びた縄文杉は写真で見るよりずっときれい。
さすが樹齢7000年の迫力。
(アメリカはかなわないだろう、ブッシュの先祖が虫だったころこの杉はすでに・・・)
保護されていてもう私達はさわることができない縄文杉に、猿が登っていてなんか食ってやがる。
「猿よ、猿」
「こっちむいて!」とカメラをむけるおばさん。
「こらー、それは貴重な杉だから下りなさい!」と私。アイコン
さわがしい登山客に猿は一言、「去る」・・・と言うわけないじゃん。

 鹿もいた。
きれいな群青色の小鳥やでかいかえるが登山道を横切ったり。
何より迫力だったのは満天の星!アイコン
とにかくたくさんの星!
もうたくさん見え過ぎて気持ち悪いくらい!
一等星だらけ!
プラネタリウムどころじゃない!
こんな星空を見たのは何十年ぶりか。

「あれがオリオン、こっちのダブル型はカシオペア、てっぺんのぼつぼつかたまっているのがたぶんスバル・・・」
「ほら、ひしゃく型の北斗七星が」
「うそー、北斗七星は北じゃなかったっけ」
知らない同士の登山客が口々にささやく。
お互い違う星をさして納得してたりして。
とにかくあまりにたくさんの星なんで、適当につなげればみんな北斗七星になる。

 なんと天の川までうっすら見えたんだよね。
子供の時に伊豆の大島で見たことあったけど、まだあったんだなあ、天の川(当たり前か)。
まさかもう一度見ることができるなんて・・・。アイコン
ああ、もう少し視力があったらな。
だっておそらく流れ星もビュンビュンとんでいたはず。
「ここで獅子座流星群見たらすごいだろうね。」
「うん...」
知らない同士、しばし極上の天体ショーを堪能する。...

 山小屋の朝は早く、みんなまだ暗い4時くらいから起きて動き出す。
夜見た星がだんだん消えていく。
もったいない〜、ああ、もう朝日で見えなくなっちゃった。
なんかすごく残念だった。星が無くなるわけじゃないのにね。 アイコン

夏子

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
2004年9月15日

 先日テレビのニュースで私の母校(高校)の名を耳にした。アイコン
なんか、ドリルというチアガールみたいな、ダンスみたいな応援する競技で優勝したんだって。
(全国大会だったかな?)
母校とはいえ当たり前だけど私が卒業したのは20年以上前(もっとか?いいじゃん!)だから知っている子がいるはずもなく、やっぱり今どきの高校生で茶髪の子とかいて。
テレビに映った見た覚えのない体育館、当時の先生もいるはずもなく・・・。アイコン

 そういえば私がいた頃は「バトン部」というのがあって男子に人気があったな。
あんまり人数はいなかったけど、文化祭なんかでは当時はめずらしいレオタード!(そういう言葉もなかった!)で踊ってくれたりしたもんだから男子が大喜びしちゃってさ。
たいした露出でもなかったのに・・・
初々しかったなあ。アイコン
エアロビクスもまだ誕生してない時代ですから。

 その流れで現在は「ドリル」になったのかな。
とにかく優勝したなんてすごいすごい。アイコン
・・・でも同性の私は女の子が股おっぴろげて踊るの見るのはひたすら恥ずかしい・・・。
ごめん。
ウオーターボーイズは平気なのにね。

夏子

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
2004年9月8日

 プロ野球がむちゃくちゃですねえ。アイコン
私はサッカーの方が好きだからいいけどね。
もともとアンチ巨人だし。

 でもプロ野球に労働組合、ってなんかピンとこないなあ。
プロ野球選手が「労働者」っていわれてもねえ。アイコン
広義では労働者にちがいないだろうけどさ。
(肉体労働者には違いないか)
なんか、テレビでいろいろやってるから1リ−グ賛成派の意見聞くと
「うん、1リーグだ」と思い、
反対の意見聞くと
「そうか、やっぱり2リーグだ」と思っちゃう。
でも赤字、っていうんならスタ−選手に何億も払うな、って。
(中村ノリとか)
Jリーグもバブルがはじけて随分お金削られちゃったし。

 それにしても、巨人だけテレビでやるから巨人頼みのプロ野球になっちゃうんじゃないの。
野球を文化ととらえて守りたいなら日本全体で一丸となって野球中継を公平にしたら?
NHKだけにするとか。
(読売テレビをだまらせてさ。)
イタリアのセリエAはほとんどテレビ中継なかったな。(公平に1試合だけ)
スタジアムに足を運ばせるためとかなんとか。アイコン

 ・・・ただ、物事を「文化」としてとらえると、どうなのかな。
「文化」として位置づけると、もうそれだけで存在価値が発生しちゃってさ。
進歩がなくなるような気もする・・・。
競争も。
う〜ん、支離滅裂になっちゃった。
でも私はサッカーの方が好きなんでどっちでも。
あーあ。

夏子

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
2004年9月1日

「アテネ〜!!」
 いやあ、よかったね、オリンピック。アイコン
メダル一杯取れて。
私の予想がはずれまくりで。
でも個人競技のメダル一個と団体競技のメダル一個、同じ一個でカウントするのはおおざっぱだなあ。
マラソンの一個と体操の種目別の一個じゃ重みがちがうような気もするし。

 それにハンマ−投げの室伏、ありゃないよね〜。アイコン
歓喜のガッツポーズもウイニングランも君が代もなしなんて、こんなにさみしい金メダルがあるかよ。
あらためてド−ピング違反の罪深さが知れるなあ。
私だって喜びたかったのに。
感動一個分損しちゃったよ。
返せ。アイコン

 いろいろあったけど一番腹がたったのは野球だな。
なんで長嶋さんが倒れた時すぐ別の監督さん選ばないのっ。
(監督経験のない中畑にやらせるなよっ)
だらだらと「長嶋ジャパン」なんて言ってるからだめだったんだ。
選手の選び方だってさ、ドリ−ムチ−ム気取って。
なんで城島や中村ノリに送りバントさせんのよっ。アイコン
彼等子供の頃から今まで一度もやったことないんじゃないの?
いっそ「ホームラン」のサインだしゃよかったのに。
彼等のうち何人がほんとに金メダルをほしがっていたか?
野口みずきやシンクロの選手ほどの4年間を過ごしてきたか。
もう北京はやめればいいのにね。
やっぱりオリンピックに「野球」ってイメージじゃないよね。
よせよせ。

 思いの外よかったのは卓球の愛ちゃん。
初めてライブで愛ちゃんの試合見たよ。話題になったかけ声とともに、ああやって1ポイント1ポイント積み重ねていたんだね。
感動したな。
このまま北京まで積み重ねてくれれば。
でもいかにテレビが愛ちゃんのかわいいとこしかテレビに映してなかったか。

 秋の声が聞こえてくる今日この頃、アテネが終っちゃって寂しい貴兄、9/1発売のマガジンから新連載の「覇王の剣」などをよろしく。 アイコン

夏子

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
 
Back No 2017
 3月 / 2月 / 1月
Back No 2016
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2015
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2014
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2013
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2012
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2011
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2010
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2009
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2008
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2007
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2006
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2005
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2004
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2003
  12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2002
  12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2001
 12月 / 11月
スペース
スペース
(C)ポニーテール企画