塀内夏子オフィシャルWebsite
サイトID
週刊なつこの部屋 最近のなつこ
スペース スペース スペース
スペース 最近のなつこ
なつこの本
なつこのぷれみあ本
ギャラー



ギャラー
マンガonウェブ


ギャラー
Amazon
スペース
スペース
スペース

『マンガonウェブ』のページが開きます

『Amazon』のページが開きます


2010年5月26日
「日韓戦・・・」
 あああ、負けちゃったね。アイコン
それもひどい負け方。
なんかこうなるような気もしてたんだけど、代表決定の時の選手の晴れがましい顔見てたからもう少しかっこがつくと思ってたんだけど・・・。

 韓国はこれからセレクションだから選手の気合いの入りようもわかるというもの。
それでもねえ・・・。アイコン

 前半俊輔がほとんど名前が呼ばれないからいないのかと思ったよ。
本田もあんまりは・・・。
俊輔、身体の調子が悪いのかな?またお腹こわしたとかお熱出したか、とか心配しちゃった。
足首がよくなかったらしいんだけど。

 それだったら試合に出さなきゃよかったのに・・・。アイコン
トウーリオみたいに・・・。

 そんな中よかった、と思ったのは大久保かな。アイコン
積極的だったし、一人だけ闘う気持ちが伝わってきたようだった。
他の人は・・・
う〜〜ん、よくわかんないなあ。
長友は元気だったと思うけど・・・。

 ボンバーも、う〜〜ん、伝わってこなかったなあ。

 で、岡田監督ねアイコン、もう今さらどうする事もできないし(代えるならとっくに代えておくべきだったね、せめて3月にでも。これは解任してやらなかった協会側の責任でしょうね。岡田監督は自分からやめる、とは言えなかったでしょうから)、
批判する事すらもう遅い・・・。

 代えられないなら後はもう応援するしかないね。アイコン

 今から個人の技術は上がらないけど、でもいきなり下がるものでもない。
せめてばらばらになってしまった心を少しづつ拾い集めて形にもどすしかないかな。
大丈夫!とは言えないけど、せめてよく食べてよく寝て、残された時間を全部使って選手同士で話して練習して、力を合わせて・・・
原点に戻る事でしょうか。

P.S
 玉田も怪我してたっけ?

夏子

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
2010年5月19日
「パソコン狂想曲」
 先日、8年ほど(!)使っているパソコンのiMacちゃんがいきなり死んでしまいました。アイコン
(・・・死んだ、と思いこんだ)

 その何ヶ月前からやや調子が悪そうだったので(生き物みたい)
「ああ、おまい、とうとうキタのか・・。アイコン」と受け入れたのでした。
そんで3日ほど経っても起動しないままだったので
「まあ仕方ないや。来るべき日が来たのだ。」と
新しいパソコンを購入。アイコン

 事務所のパソと同じNECのバリュースター。
色は白。
テレビを見る予定はないので画面は小さめ。
事務所と自宅はすぐ近くなのでひょっとしたら無線LANでとばせるかもしれない、との事。
そうすれば契約もいらないしもちろん料金もかからない・・・
いいな♪アイコン

 長年親しんだマックの方がよかったんだけど、そうしたら無線LANが使えないかも・・
というので仕方なくウィンドウズに。
うう、マック、愛してたのに・・・
おまいのへんてこな漢字変換は時に激怒し、時に爆笑させていただいたよ・・・。

 だって「私」を変換すると必ず「渡し」が1番に出るのよ。
今、この時のもね。
矢切りかい・・・。
他にも「母」「歯歯」だったり、「感想」「姦そう」なのよ。
馬鹿でしょう。

 マックはシェアが圧倒的に少なかったのでウィルスに狙われる事も少なかったのに。
今でもデザイン関係の人はマックユーザー多いのに。
送受信の遅さ(重い、つうの?)も魅力だった・・・
まわっている間にお茶入れたりしてさ・・・
でもとうとうお別れ・・・。アイコン

 で、8年前に購入した時は最先端のクールなデザインだったボディを雑巾で綺麗に拭いて浄めてあげていた時の事。
拭いてたら、コンセントが抜けたので指し直してやったらさ、何やら音が。

 あら・・・????

 起動の音じゃあーりませんか!?!?アイコン

 ・・つまりコンセントの接触不良だったわけね。アイコン
お粗末!・・は私。
(また矢切りが・・)
てなわけでマックちゃん、生き返る。
よかったよかった。
もうすっかり流行遅れ(しかもダイヤルアップ!)、化石扱いされて、いずれそう長くない内に御臨終になるにしても、まあもうしばらく動いてもらうね。

 新しいのも一応つないでもらうけど。
無線LANでつながるといいなあ。 アイコン

夏子

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
2010年5月12日
「代表決定〜〜」
 ・・・しましたね。
さほどサプライズはなくアイコン、まあまあ順当なメンバーではないか。
岡ちゃんらしいね。
ヨシカツにはちょっとびっくりしたけど。
「寮長」さんみたいな役割、あのプライドの高いヨシカツがいいのかなーと危惧しつつ、今選ばれないよりはいいのかなーと思いつつ。
賢いヨシカツだからプライドと自分の役割と現状をしっかり受け入れられる精神力は備わっているだろう。
そこを見込まれての選出だしね。

 おかしかったのはウチの仕事場で、テレビ見てた時。
イケメンがいるかねーとかしゃべくっていて、一番若いS原さんが
「この人かわいい〜アイコン」とヨシカツ(!)を指した。
そしたらお姉さん方が思わず叫んで言う事には、
『何言ってるの?!これヨシカツだよ!!いにしえの美少年ヨシカツ、
「オフサイド」の五郎ちゃんまんまで、彼が現れた時はもう、
 史上始まって以来のジャニーズ系GK登場!
 仕事場騒然!だったんだからーーー!!』
・・てな感じで。
そうか、ヨシカツを知らない子がいるのか・・・
ヨシカツもすでに代表最年長か・・・
月日が経った事よのうアイコン・・・。
感慨有り。

 代表には日本中が不満ぶうぶう、批判は尽きない今日この頃だけど、いざこうしてメンバーがそろって彼らのうれしそうな顔を見てると、
「できるだけがんばってほしい」と思わずにはいられない。
がんばれーーーアイコン

 FW陣では大久保に期待。
本来の負けん気と強気とやんちゃを発揮して1点取ってほしい。
ただの馬鹿(ごめん・・・汗)ではないことを証明して。アイコン

 それにしても本田ってヤナ奴(笑)〜〜〜。
(野球の松井と同じ星陵高校だったのね)
他のメンバーともめなきゃいいんだけど。
まあ、松井や長谷部が引き締めてくれるかな。
期待。
稲本もいい存在感をしめしてくれてるし。
あ、ボンバー忘れてた。
あの眼鏡はいかがなものか・・・。アイコン

 とにかく身体に気をつけてよく寝てよく食べて(お母さんか?)元気で戦ってほしい。
今度こそ悔いを残さないように。
(心配はもちろん山ほどあれど・・・)

夏子

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
2010年5月5日
「アバター」
 遅ればせながら「アバター」見ました。アイコン
残念ながらレンタルだったので3Dじゃありませんでした。
ツタヤのレジに並んでいる時レンタルで出始めているのを見て、ちょっと悩んだけど多分劇場には行かんだろう、てんで・・・。

 綺麗だし豪華(!!!)だし、悪くはないけど、聞いてはいたけど・・・
「宮崎アニメ」にそっくりだね。アイコン
話そのものは定番というかまあシンプルなものなんだけど、細かい設定とか世界観とかが、もろ、「宮崎」風。

 呼吸がままならない深い森、は「ナウシカ」だし精霊や御神木は「もののけ」だし、浮かぶ岩みたいな土地は「ラピュタ」だし。
目玉の飛翔シーンは「宮崎アニメ」の18番!って動きだし。
あと「アバターボディ」のシーンやパンドラの『生命のある根のネットワーク』などは萩尾望都の古典の「A-A’」「ハーバルビューティー」を彷佛。
関係ないか・・・。アイコン

 キャメロンってほんとに「宮崎アニメ」や「日本の漫画」好きなのね。
そのことが誇らしい反面、悔しい思いもあった。

 私がアニメ(背景の方だけど)に関わったのは80年頃のほんの1年半くらいですが・・・
その頃のアニメ事情は(多分)「金と時間がない!」でしたよ。
テレビシリーズだから毎週30分番組を製作しなきゃならないでしょ。
アニメーターさんは「もっともっと動かしたい、でも資金が足りないからセル枚数に限りがあるしあっても時間が許さない〜〜アイコン」ってジレンマを抱えてたと思うよ。

 んで、できるだけセル枚数を食わずにイメージ通りの動きに近付けようといろんな工夫をして表現をあみだしていったのが日本アニメ。
(「8コマ撮り」「口パク」「エイトマン走り」は昔からあったね。あれ、独特のスピード感を生んでたなあ)
スタートの「鉄腕アトム」から、「挑戦」の連続だったのだ。
あ、もちろんいかに「手抜き」してそれを「効果」に繋げるか・・・てな工夫もあったらしい。

 私は背景チームだったのですが、私の入ったスタジオは当時、社長さんが独立したばかりで1本の番組の美術監督を任され、希望と野望に燃えて、一生懸命絵を描いてたっけな。アイコン
私もペーペーなんで責任とかとは無縁だけど技術を取得するために下手なりにひたすら絵を描く日々。

 でも社長さんが言うには、
「このギャラでここまで描きこむと、他のスタジオから文句言われるんだよ。
 製作側から『この安いギャラでもここまで描きこんでくれるならもっと安くてもで
 きだろ』って言われちゃうからあまり描きこむな、って。」と。
「え〜、そんなもんなの〜〜?アイコン
20才の青臭い頭には結構ショックでしたけど・・・。

 今ではデジタル技術が進んで背景はどういう状況が知らないのだけれど、まだニッカーのポスターカラーで背景画描かれているのかな。
ニッカーのポスカラ、って安くてよくのびて色が豊富で綺麗なんだよ。
不透明水彩絵の具かと思っていたら薄塗りの水彩画もしっかり描けて、特に「青」系の絵の具の美しさは後々他のどんな高い絵の具にもかないませんでした。アイコン
今でも「青」系はニッカー使ってます。
(ちなみにニッカー絵の具は太田区の小さな町工場1社で製造してるそうです)

 ですので「アバター」のパンドラの青い森見てたらアニメの背景思い出しました。
そんで、
「なんて綺麗で豪華なんだ!金と時間しこたまかけているんだなあ!」と圧倒。
資金調達もキャメロンの力、情熱を持って映画を創っているのだなあ、と敬服します。

 でもやはり複雑、ちょっと悔しい。

P.S
 映画というよりはCGアニメ見てるみたいでした。
 ラストは「やはり・・・」。私としては「別れ」の方が好みだけど
 アメリカ人はハッピーエンドが好きだから・・。

夏子

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
2010年4月21日
「リトル・ブリテン」
 ううう、今週も忙しい・・・。アイコン
というよりはネームの〆きりのような日なのでまとまらなくてあせっているわけで。

 最近はまっているのが「リトル・ブリテンアイコン」という英国のコメディ番組。
(WOWOWで放映中)
好きなドラマが終わったあと、そのままにしていて偶然見たのだけれど、これがまあ、なんというか、ゲスな番組でして・・・。

 なにしろ出て来るキャラがみんな、不細工ででぶで、ハゲで、おまけに性格も悪く、なぜだか女装してたり、ゲイだったり、さらに身障者だったりフリーク(小人なんだけど、妖精とか子供、って設定だったり・・・)まで出て来る・・・アイコン
日本の地上波じゃ絶対NG?のてんこ盛り。
さらにウンコ(英国はこういうの好きなのよね、しかもリアルなうんこ)やチ○コは出てくるは、ただの全裸の男が出て来るだけ、とか・・・
もう絶句。

 「なにこれアイコン!???」って見ている内に目を離せなくなり、今では・・・。

 お気に入りは車椅子のデブハゲとそのボランティア(みたいな男)のネタ。

 ある時アイスクリームを食べに連れて行ってもらったデブハゲ(名前不明)君。
ボランティア「ほら、おいしそうなアイスだよ」
デブハゲ「コーンがほしい」
ボ「でもアイスの方がおいしいよ、ほら」
デ「コーン」
ボ「ほんとにコーンだけでいいの?」
デ「コーン」

 で、コーンを受け取ったデブ、その後ですぐ
「やっぱりアイスがほしい」

 ・・・ってこういうキャラ。
(でもこのデブ、車椅子に乗ってるけどほんとは歩けるの。)

 くだらないっちゃくだらない、馬鹿馬鹿しい、でもこの味が癖になり・・。
で、来週を待っている、ってわけ。
もはや楽しみ?

 それにしても、アメリカの番組とくらべると英国の番組に共通してるなあと感じる点は、
「たいてい天気が悪い」
「食事が不味そう」
「俳優が不細工」
「地味」
「ぜんぜんシェイプアップしてない身体・・
 アメリカの俳優さんは40、50代でも絶対ジムで鍛えてる」
そして「お金がかかってない!」ここ、好感がもてるよね。

「リトル・ブリテン」見てみて。アイコン
・・・ってアシさん達に言っても反応はイマイチでした。

夏子

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
2010年4月14日
「アメリカントップ40アイコン
 10代の頃ラジオでよく聴いていた、当時の私の唯一の洋楽情報源。
湯川れい子さんのDJの。
当時はミュージックビデオなんてほとんどなかったのでね、わずかに神奈川テレビで月何回か、わずかに流してくれた程度。
それでもアッチのポップスが聴きたくて聴きたくて、わずかな情報をむさぼるようにチェックしたっけ・・・。
なんせ、レコードなんてお金がなくてほとんど買えなかったし。アイコン
(今の子はいいなあ、安い値段でダウンロードっていうの?できるんでしょ。
 時には違法ダウンロードでタダで手に入るんだとよ・・・おいアイコン

 好きだったのはシカゴ、カンサス、ボストン(なぜだか地名多し?)、イーグルス、他にもいろいろ、低音の女性ボーカルもお気に入り・・キャロル・キング、カーリー.サイモン、ジャニス・ジョプリン、etc.

 女性ボーカルはおいといて、共通していたのはバンドのメンバーの顔も名前もまったく知らない、という事!アイコン
なんせ情報源がラジオだからね・・・レコードジャケットを(ほしくて)ながめる事はあったけど覚えているのはなんか、長髪のベルボトムみたいなGパンはいた、むさくるしいおじさん達だったなあ、ぐらいしか覚えてない・・・。

 でもメロディは憶えているよ。
大好きだった曲だもん。アイコン
忘れていても、聴けば思い出すし・・・
しかも後から後からたくさん・・・。

「シカゴとかあ・・・」と言ったら助っ人アシのS君が、
「プログレッシブロックですね、主に70年代の。なんならCDに入れてあげましょうか。」
「ほんと!?サンキュー!うれしい〜」

 ・・てな感じでほかにもいろいろ、5、6枚のお皿に収めてくれた。
ああ、懐かしい曲の数々・・・
中学の頃習い立ての英語で、一緒に歌ったり、辞書ひいて歌詞を訳したりしたっけなあ・・・ほとんど意味不明だったけど・・・。
レコードほしくてほしくて、でも買えなくて、お目当ての曲が流れるまでひたすら待っていたなあ・・・
そうなの、ひたすら待つだけ!なの。

 そんでその曲が流れた日にゃあ、速攻でラジカセの録音ボタンを押すのさアイコン、エアチェック、言うんかいな・・・もっと昔はテレビにカセットテレコのマイクかたむけたりして録音して、雑音だらけのワンコーラスだけで、それでもうれしくてうれしくて、歌詞カードもほしかったけど望むべくもなく・・・。

 中学・高校の頃は聴きたい曲が一杯一杯あった。
でもお金はなかった。聴く術も限られ・・・。
今は・・・お金はあっても聴きたい曲はなかったりして。
それって、お金がないより淋しい事でないかい?・・・。
あらら・・・。アイコン

 ともあれ、懐かしい曲達との何十年ぶりかの再会はうれしかった。
もっともっと曲はあるけど、もうメロディも思い出せないのもある・・・
でもきっと聴けば思い出すはず。
今回初めてタイトルを知った曲もあれば、CMなんかでよく耳にしていて、
「あ、このバンドの曲だったのか」なんてのも。
世紀を越えた発見アイコン・・・なんちゃって。

 ところで、シカゴは知ってる曲はほとんど二つしかない事が判明。
もう「プログレッシブロックのねえ、シカゴなんか好きね。」なんて言えねえや。
きゃはは。

P.S
 きっかけは空港のラウンジで偶然耳にしたカンサスの
 「ダスト・ザ・ウィンド」でした。
 この曲、ほんとにほんとに好きだったー、今回初めて歌詞を手に入れ、
 一緒に口ずさんだ・・・
 うれしかった・・・。
 彼等の顔と名前も初めて知った・・・
 イケメンじゃなかった・・・
 でも何十年も前のジャケット写真、もうどこにもいない彼等・・・。
 でもすごーくきれいな曲だよ。 アイコン

夏子

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
2010年4月7日

「桜」
 ・・・かあ。
いつのまにか咲いてやんの。アイコン
毎年の事だけど。
気がつくともう散り始めてたりね。

 子供の頃は桜なんて好きじゃなかったな。
なぜかというと桜の木にはたいてい毛虫がいたからさ。アイコン
地味な茶色っぽいのとかアメリカシロヒトリとか言うカラフルなのとか。

 学校にはたいてい桜があったから、クラスの虫好きな男子とか嫌われ者の馬鹿男子アイコン(これも漏れなくクラスに1〜2人いる)が毛虫を取ってきて女子に投げたりして怖がらせて喜んでんの。
まったく・・・。
実家の駅前は見事な桜並木で、でもそういうわけで子供の頃は下を通るのがいやでいやで。
傘さして通ったりね。

 で、小学校3年くらいの時、やはり大きな桜の木にまあ、びっしり、毛虫の大軍がくっついていたのよ。
ゾ〜〜。
私達勇気のある子供達4、5人で何をしたかと言うと、石を投げて毛虫を退治しようとしたのさ。アイコン

 みんなで何個も何個も石を投げ付けてね。
少し遠くから。
でも悲しいかな、子供の浅知恵、そんな事で毛虫軍が退治できるわけがない。アイコン
何匹かは石でつぶれて(ゾ〜〜)殺せたかもしれないけどそんなには木に命中もせず、何10匹くらいかが振動で、糸でたらーーーっとぶらさがったの。
(毛虫達にしてみたらなんて残酷な子供達か・・・)

 で、その下を通る人達はそれに気付かず、我ら子供義勇軍(?)は
「危ない!そこを通っちゃだめだアイコン!」って叫んで、通行人が目の前でぶら下がった毛虫にぎょっとして「ひゃあー」と叫び・・・。

 今はあんまり毛虫大発生しないのかしらね。
山でもそうは見かけないけど。
どこ行っちゃったんだろうね、毛虫達。

P.S
 アシさんの子供が入学式ですって。
 桜満開のタイミング、天気もよくてよかったね。アイコン

夏子

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
 
Back No 2017
 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2016
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2015
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2014
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2013
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2012
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2011
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2010
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2009
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2008
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2007
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2006
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2005
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2004
 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2003
  12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2002
  12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月
Back No 2001
 12月 / 11月
スペース
スペース
(C)ポニーテール企画